>>>囲繞地通行権

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

囲繞地通行権【いにょうちつうこうけん】

囲繞地をその所有者の承諾がなくても通行できる権利のことをいいます。囲繞地(いにょうち)とは、一般的に「袋地」と呼ばれる公道に接していない土地のことで、その袋地を囲んでいる土地のことをさします。他者の土地でも、その土地を通らなければ外に出れないため、その土地を通行する権利は民法で認められています。
私道設置の根拠法ともなっており、通行者は囲繞地の所有者に対して、通行権を行使することの代わりに「通行料の支払い」や「通行できる土地の制限」などが発生する場合があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

囲繞地通行権とは?囲繞地通行権の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?