>>>陰陽五行説

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

陰陽五行説【いんようごぎょうせつ】

陰陽説と五行説が組み合わされた中国思想のことです。
陰陽説とは、世の中のすべてのことは陰と陽という対立したもので出来上がっているという考え方で、日本では陰陽道と呼ばれています。
たとえば、「天」「夏」「男」などは「陽」で、「地」「冬」「女」などは「陰」となります。五行説とは、世の中のすべてのものは木、火、土、金、水という5つの要素で出来上がっており、その循環によりあらゆる現象が起こるという考え方です。5要素には色が当てられており、それぞれ青、赤、黄、白、黒となります。そしてこの5色は住宅などの地鎮祭の際に使われる5色旗の基となっているといわれています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

陰陽五行説とは?陰陽五行説の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?