>>>意匠図面

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

意匠図面【いしょうずめん】

設計図には大きく分けて、意匠図面、構造図面、設備図面の三つがあります。
意匠図面とは、建物全体の形態や間取りなどの意匠(デザイン)を伝えることを主眼にした図面のことです。具体的には、上から見たものとして、配置図、平面図、屋根伏図、横から見たものとして、立面図断面図展開図があります。
また、平面図の床を鏡にして天井を写した状態の、天井伏図、縮尺を大きくして平面、立面、断面の基準的な詳細を描く矩計図(かなばかりず)、わかりにくい部分の詳細を描く部分詳細図などがあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

意匠図面とは?意匠図面の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?