>>>赤地

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

赤地【あかち】

登記所に備えられている公図(旧土地台帳法所定の土地台帳附属地図)上で赤く塗られた部分のことをいいます。国有地である道路を示すもので、本来は国有地であるから一般の宅地にはならないはずですが、長い時間の経過によって道路であることが忘れられ、赤地を含む敷地に住宅が建築されていることも少なくありません。赤地を含む中古住宅を購入しようとする際には、赤地(国有地)を国から払下げてもらう手続きを行っておくほうが後々のことを考えれば安全です。ちなみに青地は河川または水路の敷地のことです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

赤地とは?赤地の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?