>>>亜麻色

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

亜麻色【あまいろ】

亜麻(あま)をつむいだ糸の色をさし、黄色がかった淡い褐色のことをいいます。亜麻糸で織った布は「リンネル(リネン)」といいます。英語の色名フラックス(flax)からの訳語であり、もともとは日本の色名ではありません。西洋では毛髪の色を形容する表現として使われることがあります。亜麻は麻と間違えられることがありますが、麻よりも柔らかく強靭で、上等な繊維とされています。また亜麻は、その繊維の強さを活かして、テントや帆布など高い耐久性を必要とする製品などに用いられています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

亜麻色とは?亜麻色の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?