>>>あんどん部屋

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

あんどん部屋【あんどんべや】

外気に直接接する開口部がなく、外光がまったく入らない部屋のことをいいます。
建築基準法で「居室」は、「天井の高さが210cm以上、窓の面積が部屋の面積の7分の1以上」と決められています。そのため、窓がなく、採光や通風の用件を満たせない「あんどん部屋」は居室とは認定されません。物件の間取りなどでは、「サービスルーム」「納戸」と表示されていることが多いです。
とはいえ、接している居室や廊下の開口部を全面引き戸にするなどして、納戸やサービスルームにも採光や通風が得られるようにするなどの工夫を行えば、書斎コーナーや家事コーナーなどとして活用することも可能だといえます。名前の由来は、江戸時代の遊里で、代金を払えない客を押し込めておく薄暗い布団部屋をあんどん部屋と呼んでいたことから転じた言葉だといわれています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

あんどん部屋とは?あんどん部屋の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?