>>>あばら筋

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

あばら筋【あばらきん】

鉄筋コンクリート造においては、梁にかかる曲げなどの引張にたいしては、コンクリート内に入れた主筋とよばれる鉄筋が負担しています。その主筋がバラバラになったり、剪断により破壊しないように、主筋の外周に、主筋より細い鉄筋を一定間隔で巻き付けます。これをあばら筋と呼んでいます。その本数や間隔は構造計算によって決まります。あばら筋は、せん断補強筋、スターラップとも呼ばれています。なお、同じ目的で鉄筋コンクリート造の柱に入れる補強筋は「帯筋(おびきん)」と呼びます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

あばら筋とは?あばら筋の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?