>>>あて材

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

あて材【あてざい】

傾いた木や曲がった木のある部分にできる特殊な性質の材のことをいいます。針葉樹の場合は、枝や傾斜した幹の下側に生じ、圧縮応力を受け傾斜面の下側にあてができるので圧縮あて材といい、広葉樹の場合は枝や傾斜した幹の上側に生じ、引張応力を受ける傾斜面上側にあらわれるので引張あて材といわれています。あて材は細胞の形や化学成分が正常材と異なるために、反りや狂いの原因となり、利用に際して十分な注意が必要だと言われています。また年輪幅が広いのも特徴です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

あて材とは?あて材の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?