>>>アスファルトルーフィング

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

アスファルトルーフィング【あすふぁるとるーふぃんぐ】

合成繊維不織布や有機繊維原紙、ガラス繊維などの基材にアスファルトをしみこませた建築用の防水材料。主にビルの屋上や家屋の屋根、壁に敷いて、雨水が屋内に進入するのを防ぐために用います。ロール状に長い製品と、シート状にカットした製品があり、屋根に使う場合は、上に瓦やスレートなどを敷くことが多くあります。また、アスファルトルーフィングの上に、遮熱シートを敷いて屋根からの輻射熱を軽減するよう施工されることもあります。日本の住宅では、大正時代から使用されるようになりましたが、関東大震災の復興建築をきっかけに、より広く利用が広がったと言われています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

アスファルトルーフィングとは?アスファルトルーフィングの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?