>>>アクリル繊維

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

アクリル繊維【あくりるせんい】

化学繊維の一種で、アクリロニトルを原料とした合成繊維のことをいいます。1950年にデュポン社が初めて工業生産を開始しました。ウールに似せて科学的につくられたもので、柔らかい風合いがあり、軽く、害虫にも強く、耐候性、保温性、寸法安定性に優れているといわれています。セーターや毛布などに使われるほか、カーテン、カーペット、椅子張りなど幅広く用いられています。製造方法は、原料に熱を掛けた状態で口金から押し出して繊維状にします。アクリロニトルの比率が50%以上のものがアクリル繊維と言い、40~50%のものはアクリル系繊維と言い区別されています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

アクリル繊維とは?アクリル繊維の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?