>>>あくあらい(灰汁洗い)

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

あくあらい(灰汁洗い)【あくあらい】

木造建築の木部の汚れを、灰汁(あく)やその他の薬品を用いて洗浄することを灰汁洗いといいます。木本来の美しさをよみがえらせるために、灰汁(アルカリ性)を使って洗い、その後お酢を希釈した液(酸性)で仕上げ洗いをします。灰汁の代わりに、苛性ソーダなどの化学薬品で代用されることもあります。なお、灰汁とは、木や藁、葦を燃やして出来た灰を桶に入れて、その上から水を入れて、よくかき混ぜ、灰を沈殿させた後にできる、上澄みの液のことです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

あくあらい(灰汁洗い)とは?あくあらい(灰汁洗い)の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?