>>>アカマツ

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

アカマツ【あかまつ】

北海道南部から九州地方、さらに朝鮮半島から中国北東部など冷温帯から暖温帯にかけて分布しているマツ科の常緑針葉樹です。
樹皮が赤褐色であることからこの名前がつけられたといわれていて、樹皮が黒いクロマツが「雄松(オマツ)」と呼ばれることに対して、別名「雌松(メマツ)」と呼ばれることもあります。材質としては軽く強く、水や土の中でも腐りにくいことが特徴で、主に建築物構造材(梁・根太・土台など)や、室内の床や壁に使用される板材に利用されています。その他にも土木用材、防腐枕木、船舶材、バルプ原料、漆器木地や桶・樽など幅広く用いられています。またマツタケ(松茸)は、アカマツ林から生えてくると言われています。
青森の「甲地松」(かっちまつ)、岩手の「南部松」(なんぶまつ)と総称される「御堂松」(みどうまつ)や「東山松」(とうざんまつ)等、宮城の「仙台松」(せんだいまつ)、山形の「白旗松」(しらはたまつ)、長野の「霧上松」(きりうえまつ)、山口の「滑松」(なめらまつ)、宮崎・鹿児島の「霧島松」(きりしままつ)などがアカマツの銘木として知られています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

アカマツとは?アカマツの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?