>>>あおり止め

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

あおり止め【あおりどめ】

扉や戸などを開いたまま壁や柱に一時的に固定する金具のことをいいます。開いた扉などが風にあおられて、閉じるのを防止する役目もあります。床に付けるものと、巾木に付けるものがあります。ドアストッパー、戸当たり金物などと呼ばれることもあります。一方、開いた扉を自動的に閉じたり、閉まる速度を調整したり、扉にはさむ事故を防止する役割がある装置のことをドアクローザーといいます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

あおり止めとは?あおり止めの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?