>>>アール・デコ

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

アール・デコ【あーる・でこ】

1910年代から30年代にかけて、パリを中心に西欧で流行した装飾様式のことをさします。1925年にパリで開催された「現代装飾美術・産業美術国際博覧会(Exposition Internationale des Arts Decoratifs et Industriels modernes)略称をアール・デコ博」から付けられた名称で1925年様式ともいいます。
幾何学的形態でシンプルな直線や図柄などが特徴で、貴金属、象牙、黒檀、光沢仕上げなどが多く用いられています。それ以前のアール・ヌーボーが、植物などを思わせる曲線を多用した有機的なデザインであったのに対し、現代都市生活に適した実用的で単純・直線的なデザインのアール・デコは、工業化と結びついていくモダニズム初期のスタイルです。アール・デコの影響を受けた分野は多岐にわたり、世界中の都市で同時代に流行しました。代表的な建築は、ニューヨークのクライスラービル(1930年)などです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

アール・デコとは?アール・デコの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?