>>>アコーディオンカーテン

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

アコーディオンカーテン【あこーでぃおんかーてん】

アコーディオンカーテンとは、楽器のアコーディオンのジャバラのように、開いたり縮めたりする構造をもつ間仕切りのことです。「アコーディオンドア」ともいいます。
主に開口部の間仕切りに使用され、素材は塩化ビニールのものが多いようです。
住宅用の簡易なものから大型の業務用まで、色、柄、サイズなど、様々な種類があります。本体を開き、左右どちらかによせれば、2枚戸よりも大きな開口がとれるため、開口部が狭く、ドアなどがつけられない場所に用いられることもありますが、気密性は低くなります。表面が塩化ビニールのものは、水まわりによく使用されます。特にアコーディオンドアと呼ぶときは、パネル板を上から吊り下げ、折りたたむタイプのものや、アコーディオンカーテンを張り合わせたようなものも含まれることがあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

アコーディオンカーテンとは?アコーディオンカーテンの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?