>>>アンボンド工法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

アンボンド工法【あんぼんどこうほう】

アンボンド工法とは、床スラブにPC鋼材を通して強度を高める工法です。
アンボンド工法は、コンクリート部材にあらかじめ圧縮力を与える「プレストレスト・コンクリート工法」の一種です。
通常のラーメン構造マンションでは、床スラブがたわんだり、振動しないように室内に小を設ける必要がありますが、アンボンド工法では小梁がない大床構造が可能となります。床スラブ内部にあらかじめ放物線上にPC鋼材を通し、引っ張る力を与えることによって、吊り橋の様な持ち上げ力を生じさせて床スラブのたわみを防ぎます。これにより、フラットですっきりとした住空間を実現でき、設計上の自由度も高くなります。また、長期的にたわみやひび割れを防ぐ効果も期待できます。ただし、床全体の振動や遮音性はやや落ちてしまうため、その分だけ床スラブは厚くなります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

アンボンド工法とは?アンボンド工法の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?