>>>アルカリ骨材反応

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

アルカリ骨材反応【あるかりこつざいはんのう】

アルカリ骨材反応とは、コンクリートの劣化現象の一つです。
骨材とは、コンクリートを作るためのセメントや砂や砂利などの材料のことですが、この骨材中のアルカリ性であるセメントが砂や砂利の中の特定の鉱物と反応すると、異常膨張してコンクリート表面にひび割れを引き起こす現象です。そしてこの割れ目から雨水などが浸入し、中の鉄筋などを腐食させ、コンクリートの変形や崩壊につながることもあります。
かつてコンクリート製の橋脚などにひび割れが多く発見され、新聞紙上をにぎわしたこともあります。ただ、ひび割れの発生だけで原因がアルカリ骨材反応であると特定することは難しいのが実情です。現在では予防策として、あらかじめ圧縮力を加えたプレストレストコンクリート(PC)を使ったり、反応を引き起こさない骨材などの開発も進んでいます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

アルカリ骨材反応とは?アルカリ骨材反応の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?