>>バリアフリー住宅

全国不動産・住宅
バリアフリー住宅

バリアフリー住宅

バリアフリー住宅

高齢者にも身体が不自由な方にも満足できる快適な暮らしを

高齢化社会に伴い、近年徐々にバリアフリーの物件が増えてきました。住戸内の床の段差がない構造のもので、廊下や階段に十分な幅をもたせて手すりをつけるなど、高齢者の方などが生活する上で障壁となる部分を取り除いた物件を集めました。

キーワードで絞り込む

バリアフリー

高齢者や身体障害者などが生活する上で障壁(バリア)となる部分を取り除くことを指します。
広い意味では、高齢者や障害者の社会参加をはばむ制度的、心理的な障害の除去という意味にも使われていますが、もともとは住宅などの建築物における、物理的障壁の解消を意味しています。
具体的には、室内の段差をなくしたり、廊下や階段に十分な幅をもたせて手すりをつける、ホームエレベーターを設けるなどがあります。また、2003年に「改正ハートビル法」(高齢者、身体障害者等が利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律)が制定されて以来、マンションなどの共同住宅でも、バリアフリーへの対応がなされるようになってきています。

新着物件

<バリアフリー住宅>を検索・物件探しなら【HOME'S/ホームズ】「高齢者にも身体が不自由な方にも満足できる快適な暮らしを」掲載中の不動産から<バリアフリー住宅>を特集。気になる<バリアフリー住宅>を見つけたら、メールか電話でお問合せが可能です(無料)。物件選びのノウハウや住み替えに役立つコンテンツ、便利な不動産用語集もあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

定期建物賃貸借(定期借家)

契約で定めた期間の満了によって、更新されることなく、確定的に賃貸借が終了する建物賃貸借を、定期建物賃貸借または定期借家といいます。

定期建物賃貸借契約は、公正証書等の書面での契約が必要とされます。また、賃貸人はあらかじめ賃借人に、契約書とは別の書面で「更新がなく、期間の満了とともに契約が終了する」旨の説明をしなければなりません。期間に定めはありませんが、賃貸契約が1年以上の契約では、期間満了の1年前から6ヶ月前までの間に、賃貸人は賃借人に対して、期間満了による契約終了の通知を行わなければなりません。この際に正当事由は不要です。なお、合意による再契約は可能です。

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?