>>オール電化に対応した物件

全国不動産・住宅
オール電化に対応した物件

オール電化に対応した物件

火を使わないから安心で光熱費もお得?電気の力で快適生活

冷暖房・給湯・調理、ご家庭で使うエネルギー源を電気でまかなう物件を集めました。オール電化物件は、室内で火を使わないため防災面でも効果的。光熱費が割安になることも。※オール電化住宅とは、調理、給湯、空調(冷暖房)などのシステムを全て電気によってまかなう住宅を指します。

キーワードで絞り込む

オール電化住宅

家中で使うエネルギーを、すべて電気エネルギーでまかなう住宅のことをいいます。
特に調理、給湯、冷暖房システムの電化を意味します。高気密住宅での電気エネルギーの使用は、ガスや石油などに比べてクリーンで安全とされるため、高層マンションなどでも導入が進んでいます。家庭内では、電気温水器(またはエコキュート)、IHクッキングヒーター、蓄熱式暖房機(または床暖房システム)などに囲まれた生活になり、安全性の高さに加えて環境にも優しいといわれています。また電力会社の季節別時間帯別電灯のほかにオール電化住宅向けの割引を利用することもできます。
メリットが多い半面、デメリットとしては初期の導入費用が高いこと、貯湯タンクのための広い設置場所が必要なこと、停電時の心配、電磁波の人体への影響などがあります。

新着物件

<オール電化に対応した物件>を検索・物件探しなら【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】「火を使わないから安心で光熱費もお得?電気の力で快適生活」掲載中の不動産から<オール電化に対応した物件>を特集。気になる<オール電化に対応した物件>を見つけたら、メールか電話でお問合せが可能です(無料)。物件選びのノウハウや住み替えに役立つコンテンツ、便利な不動産用語集もあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

定期建物賃貸借(定期借家)

契約で定めた期間の満了によって、更新されることなく、確定的に賃貸借が終了する建物賃貸借を、定期建物賃貸借または定期借家といいます。

定期建物賃貸借契約は、公正証書等の書面での契約が必要とされます。また、賃貸人はあらかじめ賃借人に、契約書とは別の書面で「更新がなく、期間の満了とともに契約が終了する」旨の説明をしなければなりません。期間に定めはありませんが、賃貸契約が1年以上の契約では、期間満了の1年前から6ヶ月前までの間に、賃貸人は賃借人に対して、期間満了による契約終了の通知を行わなければなりません。この際に正当事由は不要です。なお、合意による再契約は可能です。

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?