マンション売却査定

マンションを売る知っておきたいマンション売却ガイド

マンションの売却を考えた時に出てくるたくさんの疑問や不安。「何から始めればいいのかわからない」「費用がどれくらいかかるか気になる」「いくらで売れるものなのか相場を知りたい」等々。信頼できる不動産会社に査定を依頼する前に、不動産売却の流れが把握できる不動産売却の基礎知識から相場や税金のお金の話まで、初めての方でも安心してマンション売却・査定を進めるために把握しておきたいポイントをまとめました。

マンション売却の流れ

スムーズにマンション売却を進めるためには、どのような流れでマンション売却が行われるかを事前に知っておくことが大切です。不動産会社にお任せするだけでなく、自分でも基本の流れを確認しておきましょう。

査定を依頼する
マンションの売却をするにあたり、まずは複数の不動産会社に査定を依頼してみましょう。
ここでのポイントは、必ず複数の不動産会社に対して査定を依頼すること。
不動産会社にはそれぞれ得意とする物件と、苦手とする物件があるため、1社のみの査定では本当に妥当な価格なのか判断ができません。複数の不動産会社に依頼をして「価格」や「不動産会社の対応」を比較して会社を選ぶようにしましょう。
不動産会社による調査・査定
マンションの査定には大きくわけて次の2つの方法があります。
【机上査定】不動産会社が立地・築年数・床面積・構造・間取りなどの基本情報をもとに、査定額を算出する方法です。
【訪問査定】不動産会社が実際に現地の物件まで足を運び、目視で隅々まで確認した上で査定額を算出する方法です。
自分の状況や要望に応じて、最適な方法を選んで進めていきましょう。
媒介契約
査定の結果を踏まえて、募集を担当してもらう不動産会社を選んだら媒介契約を結びます。
この時、1社だけに任せたい場合は、「専任媒介契約」または「専属専任媒介契約」という契約の種類を選びます。反対に複数の不動産会社に重ねて依頼したい場合は、「一般媒介契約」で依頼するようにしましょう。
売却活動
いよいよ募集を開始すると、WEBなどで物件の広告が掲載されるのでこまめに確認しましょう。なお、専任媒介契約の場合は「2週間に1回以上」、専属専任媒介契約の場合は「1週間に1回以上」の報告が不動産会社側に義務付けられています。
問合せや引き合いの状況を見ながら、必要に応じて募集価格の変更を検討して臨機応変に対応していきます。
売買契約・引き渡し
購入希望者が現れると不動産会社から「買付申込書」を受け取ります。その書面に、買付金額や契約条件の希望などが細かく書かれているので、「手付金」と「引渡し希望日」は必ずチェックすることが大切です。
条件が整い、売買契約を結んだら引き渡しとなります。余裕を持って引き渡しができるよう、引越しの手配も早めに行っておきましょう。

まずは複数の不動産会社に、マンション売却査定を依頼!売却したいマンションの所在地を選択してください

売却したいマンションの所在地を選択してください

マンション売却で使うお金はいくらかかる?諸費用について

マンションの売却はその価格が大きいため、必要な手数料なども高額になります。また、売却によって大きなお金が動くため、様々な税金がかかってきます。いつ、いくら必要になるのか、どのような税金がかかるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

不動産売却時に必要な費用相場

マンション売却時に必要な費用相場
マンションを売却する場合は、決済までの間に様々な費用が必要となります。
特に仲介手数料を支払うタイミングについては、金額が大きいだけに事前に不動産会社に確認してトラブルのないようにしましょう。

不動産売却にかかる税金

マンション売却にかかる税金
マンションを売却すると、譲渡税・印紙税・消費税などの税金がかかり、
年の途中で売却した場合は固定資産税の精算が発生します。事前に計算や確認をし、納税資金を別途準備しておくことが大切です。

こんな時どうする?シチュエーション別マンション売却のポイント

相続したマンションを売却するには

相続したマンションを売却するには
相続によって取得したマンションを売却する際には、通常の売却とは違い、いくつかの注意点があります。
まず相続の場合、「単独で相続する場合の相続不動産の売却」と「換価分割のための相続不動産の売却」の何れかによって進め方が異なります。また、住宅ローンの返済途中に相続が発生した場合には「団信」の有無、税金の軽減制度など確認しておく事柄があります。通常と違い注意することがあったり、相続人によって意見がわかれることもある相続マンションの売却は慎重に検討していきましょう。

不動産売却にかかる税金

離婚の場合のマンション売却ポイント
離婚をする際には、婚姻期間中に築きあげてきた財産を夫婦で平等に分ける必要があります。これを「財産分与」と言います。この際、マイホームとしてマンションを所有している場合も財産分与の対象となります。
住宅ローンが残っている状態での売却の場合、住宅ローン残高よりも売却相場が低い場合は注意が必要です。売買代金で足りない分は、自分たちで現金で支払わなければならないケースも考えられるため、離婚の財産分与によってマンションを売却する場合は、本当に今売却することが得策なのかをよく検討するようにしましょう。

住宅ローンが払えない!自宅を守るために知っておきたい任意売却
競売での売却は、売却価格が低くなってしまい、多額の借金だけが残ってしまいます。そこで、そうなる前に銀行側と相談して、一般市場においてできる限り高い金額で不動産を売却する方法が「任意売却」です。
任意売却で売却できれば、競売よりも高値で売れるため、ローンをより多く返済することができます。
ローンを滞納して、競売手続きにかけられる最悪の事態を迎える前に解決方法を確認してみましょう。

マンション売却の相場情報は?

マンション売却の相場

マンションの参考価格とエリアの売出し相場情報を知る。

マンションの売却は金額が大きいだけに、慎重に、納得して売却できるようにと考える人が多いと思います。
「自分のマンションの価格はいくら位が妥当なのだろうか?」その判断をする時に、まず参考にしたい情報として「周辺のマンションがいくらで売っているか」という「売出し相場」の情報があります。

安心して取引を進めるために基準となる相場を知ること、あわせて市場の動向をみておくことで、価格が適正かどうかの判断がつきやすくなります。不動産会社の話をしっかり理解して、交渉を進められるように自分で知識を持っていることは、マンション売却を成功させるためのコツといえるでしょう。

実際の価格は物件の条件によって総合的に決まります。査定は、複数の不動産会社に依頼がおすすめ!

取り急ぎマンション売買の目安となる参考価格を知りたい場合は、売買相場の目安を知ることができるサービスがあります。とはいえ、マンションの売却に際しては、各物件の築年数や広さ、状態など様々な条件を加味して総合的に価格が決まっていくもの。

相場情報を鵜呑みにするのではなく、実際に不動産会社に査定を依頼したほうが精度が高いのは確かです。マンションの売却を検討している方は、複数の不動産会社に査定を依頼して、比較検討してみることをおすすめします。

大手や地場に強い不動産会社を複数選んで、一括で査定を依頼する

マンションの査定を依頼売却したいマンションの所在地を選択して査定依頼!

売却したいマンションの所在地を選択してください

当サービスは、ご本人またはご家族が所有するマンションの査定を希望する、個人のお客様向けサービスです

不動産会社からの査定依頼、競売物件の価格調査を目的とした査定依頼はお断りしています。

※査定依頼物件が、依頼者の所有物件ではないと弊社が判断した際、依頼内容を削除する場合があることをあらかじめご了承ください

マンションの売却を取り扱う不動産会社情報【1,395社】を掲載中。マンションを売りたいなら、HOME'Sのマンション売却査定サービス。会社の雰囲気を感じられる写真やコメント、サービスの特長や強み、お客様へのアドバイスなどで不動産会社を比較し、「信頼できそう」と思える会社をお選びください。売却がまだ具体的ではない方には、匿名でマンションの簡易査定が依頼できる方法も提供しています。仲介手数料などの諸費用や必要書類だけでなく、税金(所得税)や確定申告などの売却後に気になることも、マンション売却に関わる幅広い疑問や相談に応じられる不動産会社探しをサポートします。マンションの売却査定なら、不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】