> > 省エネ住宅

省エネ住宅

匿名・無料で相談できる!独自の審査基準を満たした厳選リフォーム会社をご紹介します。

省エネ・エコのリフォーム価格・費用相場

価格の目安: 30万円500万円

省エネ・エコリフォームをすることで、快適な生活を遅れるだけではなく地球環境に優しくなれたり、光熱費を抑えることができるなどメリットがいっぱいあります。
省エネ・エコリフォームでは窓や玄関ドアの交換といった開口部への対応がまず求められますがこの場合は設備のグレードや数などにもよりますが30万円~60万円程度が目安となります。外壁・屋根、床下などに断熱材を充填したり断熱パネルに交換するとなると大掛かりになってくるため200万円~500万円の費用がかかってくる傾向があるようです。

より詳しく、省エネ・エコリフォームの価格・費用のポイントを確認する

省エネ住宅のリフォーム事例

LIFULL HOME'Sなら地元で最適な優良リフォーム会社ご紹介(無料)!

マイページで最大8社と匿名相談可(カンタン3分)
リフォーム会社の紹介を申込む(無料)
PC操作が苦手、お急ぎの方へ / 受付:10時~18時(年中無休)
相談無料 0120-901-059
コンシェルジュスタッフが中立の立場から会社選びをサポート!

リフォーム・工事の流れ

リフォーム依頼前や工事中、工事後にトラブルが起こらないように、しっかりリフォームの流れを押さえておきましょう。

  • step1 リフォームしたい箇所を整理
    リフォームしたい場所や予算を決めておきます。
  • step2 情報収集
    リフォーム事例や人気商品・口コミなどリフォームに関する基礎知識を身につけておきます。
  • step3 リフォーム会社探し
    地域や事例から評判の良い会社をピックアップし、数社に問合せを行います。
  • step4 現地調査・プランを依頼
    問合せをした会社に希望の条件を相談します。現地調査に来てもらい、スケジュール、予算などを伝えてプランを提案してもらいます
  • step5 比較・検討
    再度リフォーム会社との相談を重ねながら、数社のプランを比較検討します。
  • step6 リフォーム会社決定・契約
    最も条件に合ったプランの内容をしっかり確認し、リフォーム会社と工事請負契約を結びます。
  • step7 工事スタート
    工事前には、マンション管理組合への報告や近隣住民へのあいさつ回り、ゴミ処分方法の確認などを行います。
    工事中はこまめに状況を確認しながら、近隣からクレームが入った場合などは迅速な対応をしましょう。
  • step8 完成
    プランに対して抜け漏れがないか、また傷がないか、など細かな最終確認を行います。不具合が生じた場合は、改修工事を再度相談します。
    すべて終了したら保証書などの書類は忘れずに受け取りましょう。
    実際のリフォームの流れは?

LIFULL HOME'Sなら地元で最適な優良リフォーム会社ご紹介(無料)!

マイページで最大8社と匿名相談可(カンタン3分)
リフォーム会社の紹介を申込む(無料)
PC操作が苦手、お急ぎの方へ / 受付:10時~18時(年中無休)
相談無料 0120-901-059
コンシェルジュスタッフが中立の立場から会社選びをサポート!

現地調査について

リフォームに必要な正確な費用を把握するためには現地調査が必要になります。
例えばキッチンの交換を行いたい場合、設備の搬入や設置が可能かどうかといった採寸が必要になり、結果次第で工事内容や費用が大きく変わることもあります。 
現地調査では、希望の条件でのリフォームを実現するために、1社だけでなく数社に調査依頼を行うことが失敗しないためのポイントでもあります。 
また、単純に費用を見積ってもらうだけでなく、会社や担当者の対応の良さやを図るためにも重要ですので、受け身にならず積極的に要望を伝えると良いでしょう。   
こちらの記事も合わせてご確認下さい。

現地調査で正確なリフォーム費用を知ろう

省エネ・エコ住宅リフォームの情報・トピックス

省エネ・エコ住宅リフォームの基本情報や役立ち情報をまとめてみました。ご自身の知識と合わせて参考にしてください。

省エネ・エコ住宅リフォーム成功の方法
夏涼しく冬暖かいエコロジーな住まいにするためには、断熱効果を高めて冷暖房などによる空調を抑え、住宅の本体(構造躯体等)のエネルギーの消費を少なくするようにすることが大切です。
省エネリフォームの費用・相場
リフォーム費用には、設備代金+工事・施工費用などが必要となります。リフォームにかけられる予算をあらかじめ決めておくことで、無理のないリフォームができます。
合わせてこちらの記事も参考にしてみましょう。
省エネリフォームの減税制度を活用しよう
省エネ・エコ住宅リフォームでは、所定の条件を満たすことで各自治体が設定している減税措置を受けることができます。省エネリフォームの減税制度を利用するためには事前申請が必要となりますので、お住まいの市区町村窓口などで確認してみましょう。また、省エネ住宅ポイント制度を活用することで更にお得に省エネリフォームを実現できます。
省エネ・エコ住宅リフォーム事例集から、暮らしのイメージを固める
省エネ住宅に関する雑誌・カタログやリフォーム事例から、したいリフォームのイメージを固めて、条件を整理しておくとリフォーム会社との商談も円滑に進めやすくなります。
LIFULL HOME'Sなら匿名・無料にて相談が可能です!
最適なリフォーム会社を最大8社ご紹介します

リフォーム会社の紹介を申し込む 簡単3分

知っておきたい!省エネリフォームについての情報
断熱性能・日射遮蔽性能の向上方法
一般的な住宅において、熱の出入りは窓など開口部から冬は58%、夏では73%が出入りしています。そのため、省エネリフォームでは、まず開口部の断熱性能を向上させることが重要となります。
省エネ・創エネ設備の基本
省エネ・創エネ設備のキホン的な情報をご紹介します。省エネ設備や創エネ設備の導入で、住まいを省エネ住宅とすれば光熱費を抑えることができることに加えて、環境にも優しいエコロジーな暮らしができるようになります。
断熱工法の種類(内断熱と外断熱)
断熱工法には外断熱も内断熱がありますが、一概にはどちらが優れているともいいきれません。外断熱工法であれば、家全体を断熱材で覆うため気密性が高いため季節を問わず快適な室内環境を作りやすくなる一方で施工費が割高であったり、気密性の高さ故に換気計画を検討する必要があります。
断熱材の種類と性能比較
断熱材には、一般的によく利用されているグラスウールやロックウール、ビーズ法ポリスチレンフォーム(発泡スチロール)などがあります、いずれも高い断熱性能はありますが、価格や結露のしやすさ、環境負荷などそれぞれ特徴がありますので住まいの状況にあわせて最適な断熱材を選ぶ必要があります。
パッシブハウスで省エネ住宅へ
パッシブハウスの省エネ性、断熱性、気密性は世界トップレベルで、その基準は世界各国の省エネルギー基準の中で最も厳しいと言われており、その基準を満たしていれば、気温が-20度にもなる極寒の地でも暖房なしでも過ごせるといわれています。
省エネ・エコリフォームを成功させるリフォーム会社選びのポイント!
納得いくリフォーム会社の選ぶためには、相見積りがオススメです。
同じ希望内容を数社に見積り依頼し、各社の内容を比較・検討することをオススメします。
また、比較する際には価格だけではなく人柄や、施工する断熱材や断熱設備など商品の種類や機能なども確認しておくとよいでしょう。
LIFULL HOME'Sなら匿名・無料にて相談が可能です!
最適なリフォーム会社を最大8社ご紹介します

リフォーム会社の紹介を申し込む 簡単3分

省エネ住宅得意なリホーム会社(ハウスメーカー/工務店)を探して選ぶなら【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。厳しい審査基準をクリアしたのリホーム会社を豊富な事例や口コミ、実績などから比べて選ぶことができます。また、定額リフォームパックでの定価からのリフォームも可能!

LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)

LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)なら、省エネ住宅が得意なリフォーム会社(ハウスメーカー/工務店)などを厳選して会社を比べて比較・検討することができます。リフォーム(リホーム)会社とは匿名・無料にて相談や見積りをしたり、得意なリフォームや口コミ/評価などから比較・検討できます。また人気のテーマや場所・箇所などからリフォーム会社や事例を様々な方法で絞込み可能!気になる会社や事例を見つけたら、お問合せすることも可能です(無料)。