> > > 屋根リフォーム成功の方法

屋根リフォーム

屋根リフォーム成功のために基本的な情報やノウハウ、ポイントについてまとめました。屋根リフォームの価格と費用についても学べます。

屋根リフォームとは

屋根は普段目に入ることが少ない場所となるため気にすることが少ないですが、住まいを日射しや風雨などから守ってくれる重要な役割がある箇所となります。外壁同様に過酷な環境にさらされているため傷みやすい箇所となりますので、定期的な保守・メンテナンスを実施することが大切となります。

屋根のリフォーム方法

屋根の補修方法は、「塗替え(塗装)」「重ね葺き(カバー工法)」「葺き替え」の3種類があります。どの補修方法になるかは屋根の材質や痛み具合などにより異なってきますので、リフォーム会社と相談して検討するとよいでしょう。

屋根の塗装・塗替え

塗替え(塗装)は、屋根の下地の痛みが少なく古い塗装が剥がれてきたり浮いてきた場合の補修方法で、3種類ある屋根リフォーム方法の中では最も手軽かつコストも安いものとなります。

塗装で対応できる屋根材の種類には、化粧スレートや金属系屋根材などのケースが多くなってきます。また、一般的な工法としては塗装前に屋根の下地などを点検・補修し、その後古い塗装や汚れを高圧洗浄した後に、下塗り、上塗りと2回塗装します。

また、塗替えに使用する塗料によって耐用年数や価格が異なり、高いものほど耐用年数など性能が高くなってきます。「アクリル樹脂塗料」「ウレタン樹脂塗料」「シリコン樹脂塗料」「フッ素樹脂塗料」の順番に性能と価格が高くなってきますが、一般的には「ウレタン樹脂塗料」「シリコン樹脂塗料」がよく利用されているようです。

更に、塗料には屋根の温度上昇を抑える効果のある遮熱塗料や、断熱効果のある断熱塗料など、高機能なものもありますので、利用目的などと合わせて検討されるとよいでしょう。

屋根の重ね葺き(カバー工法)と葺き替え

「重ね葺き(カバー工法)」は、既存の屋根をそのままに新しい屋根材を重ねて施工する工法となります。古い屋根材を剥がさないため廃材もなく工期が抑えられるため「葺き替え」と比較してコストを抑えることができます。ただし、軽量なものを使うとはいえ屋根材が2重となるため建物の重心バランスが高くなってきますので耐震性能が落ちてしまうことや、古い屋根材を剥がさないため下地の状態がしっかり確認できないという注意点もあります。

「葺き替え」は、傷んでしまった古い屋根材や下地などを一度撤去した後、新しい屋根材にて施工し直す工法となります。撤去コストなど工数と費用がかかりますが、下地からリフォームし直すため屋根を新築同様の状態にすることができるため耐久性を大幅に向上させることができます。

屋根材の特徴と選び方のポイント

粘土瓦

自然素材の粘土と釉薬(うわぐすり)を約1300度の高温で焼き締めたもので、表面がガラス質の皮膜で覆われた屋根材。変色や変質を起こしにくく、時間が経過しても美しい外観を保つことができます。
※釉薬をつかわず蒸し焼きにすると、瓦全体が銀色のいぶし瓦となります。

価格目安(1m²あたり) 8000円~10000円
点検・メンテナンス目安 適宜
点検項目 ズレ、割れ、こけの有無
耐用年数 50年以上

セメント瓦

セメントと砂で構成して練ったものを加圧成形し乾燥した瓦です。瓦の表面は塗装するため色のバリエーションが豊富で外壁や住居のデザインに合わせてコーディネートすることができます。長期間の利用により塗装が色落ちや変色をしてくるため、定期的に塗り替えて美しさを保てるようにする必要があります。

価格目安(1m²あたり) 6000円~8000円
点検・メンテナンス目安 約15~20年で塗装
点検項目 色あせ、色落ち、ズレ、割れ、こけの有無
耐用年数 30~40年

スレート系

軽量性や耐久性をはじめとする屋根材の基本性能を高い次元でバランスよく融合したもの。和風から洋風まで幅広いスタイルにマッチします。最も普及している屋根材の1つです。

スレート系には、天然スレートと人造スレートがありますが、天然スレートはコストが高いため現在ではあまり使用されていません。人造スレートはJIS(日本工業規格)名称では、化粧スレートと呼ばれます。セメントに各種の繊維を混ぜて強化し、5~6mmの薄い材料として使えるようにした屋根材です。メーカーによってカラーベストやコロニアルなどの商品名で呼ばれています。

価格目安(1m²あたり) 5000円~7000円
点検・メンテナンス目安 約10年で塗装
点検項目 色あせ、色落ち、ズレ、割れ、さび
耐用年数 15~30年

金属系

重い屋根や腐食した屋根の軽量化し、防水性能を高めることができます。重厚感と落ち着きを醸し出します。 従来はトタンが普及していましたが、最近はガルバリウム鋼板が注目を集めています。 ガルバリウムは溶け出した亜鉛部分をアルミニウムが「自己修復」することにより、優れた耐久性や耐熱性を発揮できるためトタンを比較しても3~6倍の耐久性をもつと言われています。また、非常に軽いため耐震性がよい屋根材となります。

価格目安(1m²あたり) 6000円~8000円
点検・メンテナンス目安 約10年で塗装
点検項目 色あせ、色落ち、錆、浮き
耐用年数 20~30年

屋根材の種類と点検方法についてはこちらでも学べます。

屋根リフォームの価格傾向

主な価格帯:50万円~150万円

屋根のリフォームは50万円~150万円が中心価格帯となってきます。費用の傾向は屋根材の補修方法や使用する素材や劣化状況にもよりますが、塗装のみであれば50万円以下、重ね葺き(カバー工法)となるとおよそ100万円ほどの工事となり、葺き替え工法では撤去費用などもかかるため100万以上となってきます。また、屋根と外壁はいずれも足場を設置するコストが発生することとメンテナンス時期が近いため、同時に施工してトータルコストを抑えることができます。

屋根リフォームの価格と費用を見る

屋根リフォームの事例集

LIFULL HOME'Sで公開されている電話で相談(無料)屋根リフォームの事例をご紹介。実際の施工価格も公開されていますので参考にしてください。気になる事例があれば、積極的に問い合せてみましょう。成功リフォームの第一歩は、有益な情報を集めることからとなります。

階段リフォーム事例集を見る

こだわり実現!屋根リフォームするなら・・・

リフォームのはじめの一歩は会社選びから。リフォーム会社を探してみましょう!

「リフォームは初めてなので誰かに相談したい・・・」「プランを一緒に考えてくれる会社を探したい・・・」など、お客さまの要望を満たしてくれる、信頼できる地元のリフォーム会社を探すお手伝いをいたします!

  • 電話で相談(無料)
    0120-901-059
    ※携帯電話・PHSも利用可能
  • お電話はLIFULL HOME'S リフォーム・コンシェルジュデスクに繋がります。
    リフォームの見積り依頼や相談など中立の立場でサポートします。
    受付:10時~18時(年中無休)
  • 定額リフォーム特集

リフォームのポイント

  • 満足度の高いリフォームを!

屋根リフォームの基本となる情報についてご紹介します。屋根リフォームを成功させるための方法・基礎知識について学習しよう。屋根リフォームができる優良リフォーム会社を探すなら【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。厳しい審査基準をクリアしたリフォーム会社を豊富な事例と共に紹介しています。LIFULL HOME'Sなら厳しい審査基準をクリアした屋根が得意なリフォーム会社を豊富な事例と共に紹介しています。

LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)

屋根リフォームの成功ノウハウや基礎となる情報を学んで見積もりをするなら【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】屋根ができるリフォーム会社を「予算」「事例」「地域」など様々な条件からご紹介!会社には匿名・無料にて相談や見積りをしたり、得意なリフォームや口コミ/評価などから比較・検討できます。屋根リフォームについて気になる会社や事例を見つけたら、お問合せすることも可能です(無料)。