> > > マンションリフォーム成功の方法

マンションリフォーム

マンションリフォームでは、集合住宅ならでは制限などがでてきます。マンションリフォーム成功のために基本的な知識や知っておきたい情報やノウハウ、ポイントについてまとめました。マンションリフォームの価格と費用についても学べます。

マンションリフォームの基礎知識

マンションなど集合住宅の場合は、リフォームが可能となるのは基本的に住居部分となる専有部分のみとなります。しかし専有部分であれば何でも自由にリフォームが可能という訳ではなく、マンション管理規約などにより出来ることや性能について規定されています。

マンション特有の用語
専有部分 住人が所有を認められている部分で、リフォームが可能な範囲。一般的には玄関の内側から水廻り、居室、室内建具などの住戸内のこと
共用部分 マンションの住民全員で所有する部分で、リフォームできない部分。外壁・屋根はもちろん、バルコニーや窓サッシ、玄関の外側、廊下など
管理規約 マンション生活に関わるルールやリフォームの制限も定められている

マンションリフォームで出来ることは?

キッチンやトイレといった水まわりの移動は可能?

マンションで水まわりのレイアウト変更に関しては給排水管をどこまで動かせるか次第になってきます。特に排水管では移動距離が長くなり十分な勾配が取れないと水の流れが悪くなってくるため躯体のコンクリートと床の間に十分な床下空間が必要となってきます。実際に移動可能な範囲は現地調査しなければ判断できない場合もありますので、リフォーム会社に相談して判断してもらうとよいでしょう。

間取りに変更は可能?

マンションの間取りは、専有部分であれば変更可能ですが、構造によって自由度は異なってきます。

ラーメン構造 柱と梁で建物を支える構造で、室内の間仕切り壁はほとんど撤去可能なので間取り変更の自由度が高い
壁式構造 壁と床で建物を支える構造で、室内の壁が構造壁になっていることがあり、その場合は間取り変更に制約が出る

カーペットの床をフローリングにできる?

マンションの床をリフォームする場合に気をつける必要があるのが、「音」の問題となります。遮音性の低いフローリングにすると、それまで伝わらなかった歩く音などが階下に響くことがあります。
上下階の住民とのトラブルを防ぐために、マンション管理規約では床の遮音性能について規定している場合がありますので、必ず守るようにしましょう。マンション管理規約にて求められている要件をクリアしていれば、床材の張り替えは自由にできます。

窓を複層ガラスなどに交換可能?

マンションのサッシ部分は、外観にも影響してくるため共用部分となります。既存の窓を複層ガラスに交換するためにサッシごと交換することは基本的にNGとなります。ただし、ガラスのサッシをそのままでガラスのみを交換であれば可能なこともあります。その場合は既存が曇りガラスであれば曇りガラスに、透明な場合は透明ガラスにすることが求められます。
また、外枠を変更せずに内窓を設置することで同等の性能を確保することも可能です。

エアコン、IHクッキングヒーターの設置は可能?

エアコンやIHクッキングヒーターなど消費電力が大きい設備の場合は、各住戸の全体の電気容量の確認が必要となってきます。あらかじめ使える電気の容量にどれくらい余裕があるのかを管理規約で確認しておきましょう。

ユニットバスのサイズアップ

昔のユニットバスと比較すると、最新のユニットバスは同じサイズでも浴槽のサイズをアップできたりする場合があります。現地調査などをしてもらい設置可能か確認してみましょう。
また、ユニットバスの交換と同時に設備を追加してもよいでしょう。浴室換気暖房乾燥機や保温浴槽などが人気です。

床暖房の設置は可能?

既存床に直接貼り付けるタイプの床暖房は手軽で低コストとなりますが、やはり仕上りの良さを求めるなら床を剥がして下地から施工する必要があります。床暖房には大きく電気式とガス式の2種類がありますが、どちらも燃料の消費量が大きくなってきますので、各住戸で使用可能量に問題がないか管理組合に確認しましょう。

床下収納の新設は可能

床下に空間的な余裕がある場合や床面を上げることが可能であれば床下収納の作成は可能です。ただし躯体となるコンクリート部分に穴を開けて収納スペースを確保するようなことはできません。

内装の変更

内容は自由に変更可能です。マンションの場合は一般的には住戸の内側が専有部分となり、壁材や床材、天井の張り替え、ドアの交換、建具の設置などは自由におこなえます。

天井高をあげる

一般的には構造体のコンクリート内側までが専有部分となりますので、天井板をはずすことで天井高をあげることは可能となります。コンクリートに直接ペンキを塗ることも一般的には問題ありません。

ロフトの設置

天井部分の空間を活用してロフトを設置することは可能です。とはいえマンションは天井高に限界があるため、収納スペースとするか座って利用するような限定された空間となります。

マンションリフォームで難しいことは?

マンションの共用部分は、外観や躯体などの維持管理のために個人の判断ではリフォームを自由にできないことが多くなります。

窓の大きさや位置の変更

窓・サッシは共有部分となります。また、採光や換気の関係から、建築基準法で必要な大きさが定められており窓のサイズや位置の変更は難しくなります。

パイプスペースの移動

給排水管やガス管・電気配線などが通るパイプスペースは、共用部分なので移動はできません。

構造躯体の移動

コンクリートでできた柱や梁といった構造躯体は移動することはできません。

ユニットバスの追い炊き機能

ユニットバスに追い炊き機能を導入するためには共有部分となる壁に追い炊き配管を通すための穴を開ける必要があります。可能かどうかは管理組合の判断によりますので、まずは相談してみましょう。

玄関扉を交換する

マンションの玄関扉は外観などにも影響する共有部分となるため交換したり、外側に装飾をすることができません。ただし、扉の内側であれば専有部分となるためシートの貼り付けや塗装することは可能となります。

リフォーム前には管理組合理事長の承認を

マンションでは、所有者の区分所有権によって保護される「専有部分」である居住空間と、所有者全員で共有する「共有部分」に分けられています。
一般的に、専有部分は所有者個人としてリフォームが可能となりますが共有部分はすることができません。しかし、マンション管理規約によっては専有部分ですがリフォームできない場合や逆に共有部分であっても話し合いの結果可能となる場合があります。
リフォーム前に、何が可能で何がダメなのか細かい規定などについてマンションの管理規約を確認のうえマンション管理組合に相談するようにしましょう。

マンションリフォームの価格傾向

主な価格帯:100万円~1500万円

マンションのリフォームではリフォームできる範囲が専有部分に絞られるため、その中でどのように暮らしの質を上げられるかを検討していくことになります。
価格傾向としては工事内容によって大きくが差がでてきますが、クロスの全面張り替えで10万円~20万円程度、キッチンやトイレを最新設備に交換、床を全面張替えなどで100万円~500万円程度。間取りや素材など、暮らしの質に徹底的にこだわったホテルのスイートルームのような空間をつくる大規模リフォームでは1000万円以上となってきます。

マンションリフォームの価格と費用を見る

マンションリフォームするなら・・・

リフォーム成功の秘訣は、信頼できる会社選びから!

「リフォームは初めてなので誰かに相談したい・・・」「プランを一緒に考えてくれる会社を探したい・・・」など、お客さまの要望を満たしてくれる、信頼できる地元のリフォーム会社を探すお手伝いをいたします!

  • 電話で相談(無料)
    0120-901-059
    ※携帯電話・PHSも利用可能
  • お電話はLIFULL HOME'S リフォームコンシェルジュデスクに繋がります。
    リフォームの見積り依頼や相談など中立の立場でサポートします。
    受付:10時~18時(年中無休)
  • 定額リフォーム特集

リフォームのポイント

  • 満足度の高いリフォームを!

マンションリフォームの基本となる情報についてご紹介します。マンションリフォームを成功させるための方法・基礎知識について学習しよう。マンションリフォームができる優良リフォーム会社を探すなら【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。厳しい審査基準をクリアしたリフォーム会社を豊富な事例と共に紹介しています。LIFULL HOME'Sなら厳しい審査基準をクリアしたマンションが得意なリフォーム会社を豊富な事例と共に紹介しています。

LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)

マンションリフォームの成功ノウハウや基礎となる情報を学んで見積もりをするなら【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】マンションができるリフォーム会社を「予算」「事例」「地域」など様々な条件からご紹介!会社には匿名・無料にて相談や見積りをしたり、得意なリフォームや口コミ/評価などから比較・検討できます。マンションについて気になる会社や事例を見つけたら、お問合せすることも可能です(無料)。