> > > お風呂・浴室リフォームの基礎知識

浴室・バスリフォーム

お風呂・浴室リフォーム成功のために抑えておきたい浴室の種類や工法など、
一戸建てとマンションの違いなど、基本的な情報やノウハウ、などについてまとめました。
お風呂・浴室リフォームの価格と費用についても学べます。

浴室・バスについて

浴槽にたまるお湯の量は、メーカーによっても異なりますが、およそ200~300リットル。これだけ大量に毎日給排水し、湿気もたまりやすい浴室は、経年劣化が目立ちやすい部分といえるでしょう。築10年以上の物件であれば、見た目がキレイでも土台に傷みがある場合も。リフォームの機会に、一度は点検しておいたほうが安心です。

浴室の種類を知ろう

在来工法の浴室 ユニットバス
ユニットバスが登場する前のお風呂の作り方。周囲に防水加工を施した上で、壁や床を作っていきます。防水工事などが必要な分、ユニットバスに比べて工期が長くなり、予算も高くなりがちです。また、大きめの浴槽を入れたい場合は、事前に搬入経路のチェックを。特殊な方法での搬入が必要な場合は、追加費用が発生することがあります。 「浴室ユニット」を工場で生産し、住まいにはめ込みます。素材は、アクリルやホーロー、ステンレス、人造大理石など。最近はデザイン、サイズなどのバリエーションも広がりつつあります。スペースが限られるマンション用に、浴室・トイレ・洗面台をワンスペースにまとめたユニットなどもあります。

それぞれのメリット・デメリット

在来工法の浴室 ユニットバス
いわば「オーダーメイドのお風呂」で、旅館のようなヒノキのお風呂も思いのまま。浴槽の位置も自由に決めることができ、浴槽の位置が低く出入りしやすい「落とし込み式」のほか、「据え置き型」・「置き型」など、とことんこだわることができます。ユニットバスに比べて防水性で劣ることがあるため、2階以上に浴室を作る場合は綿密な防水工事が必要です。 工場であらかじめ作られているのでリフォーム工事も簡単で、1日で施工が終わることも。床と壁が一体成型されているので、水漏れの心配はほとんどなく、日々のお手入れも丸洗いするだけで簡単です。ただし規格が決まっているため、浴室のスペースが極端に変形していたり、狭すぎたりする場合は要注意。思いのほかコストがかさむことがあります。

大きさの単位を知ろう

従来、0.75坪タイプが標準とされてきましたが、近年ではよりくつろげる1坪タイプが主流になりつつあります。また、ユニットバスのサイズは、タテヨコの内法の長さを四捨五入し、「1216」など4ケタの数字で表されます。例えば「1216」とは、約1.2m×1.6mの大きさということになります。

1.25坪タイプ(1620)
1坪タイプ(1616)
0.75坪タイプ(1216)

メンテナンス性も要チェック

  • 水はけのよい床
    常に湿気にされされカビが発生しやすい浴室。入浴後の湿気を素早く解消するため、検討したいのが水はけのよい床です。すぐに乾くのでお手入れが簡単です。
  • 掃除がしやすい排水口
    排水口の厄介者といえば抜け毛。最近では溜まった抜け毛をひとまとめにして、サッと捨てられる排水口が主流です。掃除がしやすいよう、抜け毛キャッチャーが取り外しできるものもあります。

ヒートショックを防いで安全・安心に

冬場、気をつけたいのが急激な温度変化による「ヒートショック」。最近では浴室暖房や、足裏のヒヤッとする感覚を低減させ、断熱機能を高めた床も登場しているので、検討してみるのもいいでしょう。また、将来のことを考えて手すりなどバリアフリー機能をつけておくのもオススメです。

一戸建てとマンションの違い

一戸建ての場合

築20年以上の場合、在来工法で作られたお風呂が多くなります。水漏れなどによる土台の腐食が起こっていることもありますので、あらかじめ予算に入れておくと安心です。また、腐食が進む前にリフォームするのがコストを抑えるコツ。目立ったトラブルがなくても、築10年を過ぎたら、リフォーム業者にチェックしてもらうのがいいでしょう。

マンションの場合

マンションのユニットバスの交換時期は、およそ15年程度。工事にあたっては管理規約の確認、管理組合への届け出が不可欠です。また、ユニットバスは規格によるサイズがありますので、既存のスペースに入るか、また配管がどの位置を通っているか、などリフォーム業者に確認してもらいましょう。追い炊きのできない給湯器から追い炊き機能付きに変える場合、新たに追い炊き用パイプをつなげる必要があり、規約によってはできないマンションもありますので、注意が必要です。

選ぶときのポイント

まず広さですが、「子どもと一緒に入りたい」、「高齢者の入浴を手伝うことがある」といった場合は、やや広めの1.25坪サイズがオススメです。すべって転んだ時のことを配慮し、浴槽の角が丸いもの、カウンターや水栓の出っ張りが少ないものを選ぶと安心でしょう。また、最近ではカウンターを自由に動かせる「フリーカウンター」も登場。子どものほうを向いて自分の体を洗えるので、常に見守ることができて安心です。このほか、浴室乾燥機能付き、ミストサウナ付きなど、日々進化している浴室。一度ショールームを見学してみるのがオススメです。

LIFULL HOME'Sなら地元で最適な優良リフォーム会社ご紹介(無料)!

マイページで最大8社と匿名相談可(カンタン3分)
リフォーム会社の紹介を申込む(無料)
PC操作が苦手、お急ぎの方へ / 受付:10時~18時(年中無休)
相談無料 0120-901-059
コンシェルジュスタッフが中立の立場から会社選びをサポート!

お風呂・浴室リフォームの基本となる情報についてご紹介します。お風呂のリフォームを成功させるための方法・基礎知識について学習しよう。浴室・バスリフォームができる優良リフォーム会社を探すなら【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。厳しい審査基準をクリアしたリフォーム会社を豊富な事例と共に紹介しています。LIFULL HOME'Sなら厳しい審査基準をクリアした浴室・バスが得意なリフォーム会社を豊富な事例と共に紹介しています。

LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)

お風呂・浴室リフォームの成功ノウハウや基礎となる情報を学んで見積もりをするなら【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】快適なお風呂にリフォームできる会社を「浴室・バス」「費用」「地域」など様々な条件からご紹介!会社には匿名・無料にて相談や見積りをしたり、得意なリフォームや口コミ/評価などから比較・検討できます。浴室・バスリフォームについて気になる会社や事例を見つけたら、お問合せすることも可能です(無料)。