家づくりのダンドリチェック

STEP6 住宅メーカー(ハウスメーカー・工務店)と契約する

会社を十分に比較検討し、信頼できる依頼先を決定したらいよいよ契約です。依頼先とコミュニケーションを密にとり、不安な点がないようにしておきましょう。

依頼前に気をつけるべき心構えをチェック
- 住宅メーカー(ハウスメーカー・工務店)と契約する

不安な項目は何?

建売住宅は完成済みの建物を見て購入するため、わかりやすくチェックしやすいのですが、注文住宅はそうはいきません。何も決まっていない所から始まり、つくっていきます。楽しみでもあり、不安でもあります。注文住宅で一般的に不安を感じるのは次の5項目と言われています。

  1. 1. 手抜き工事がされないか
  2. 2. 予算内でおさまるか
  3. 3. 良い依頼先が見つかるか
  4. 4. 価格が適正か
  5. 5. 条件内で最適なプラン・間取りを得られるか

この中で「良い依頼先が見つかるか」が3位に入っているが、依頼先が見つかった後も不安はつきものです。契約書に書名、捺印すれば、簡単に後戻りはできません。最終的には人物を見て信頼することですが、その前に次の心構えとチェックポイントを参考にしてください。

依頼先別チェックポイント

■依頼先別チェックポイント

  ハウスメーカー 工務店 設計士(設計事務所)
工事的なもの
  • どんな下職が集まっていますか。
  • 工事管理者はいますか。また能力はどのくらいですか。
  • 職人さんの腕は確かですか。
  • 現場責任者はきちんといますか。
  • 万一工期が遅れた場合を取り決めしていますか。
  • 監理能力は高そうですか。
  • 全体をまとめるコーディネート力と職人の技術を引き出す能力は高そうですか。
プラン的なもの
  • モデルハウスのイメージは引きずっていませんか。
  • プランの満足度はいかがですか。
  • つくりやすいプランになっていませんか。
  • 予算とプランがあっていますか。
  • 作品性が強く住むのに不便は感じないですか。
  • メンテナンスやランニングコストも考慮してプランニングを考えているか。
対応営業的なもの
  • 営業マンは信頼できますか。
  • 現場体制・社内体制はいかがですか。
  • 追加・変更工事に嫌な顔をしないで対処してくれそうですか。
  • アフターメンテナンスをしっかりやってくれそうですか。
  • 設計士との相性は合っていますか。
  • 過去の作品は気に入っていますか。
  • 施主の立場にたって考えてくれますか。
コスト的なもの
  • オプションや別途工事の範囲は明確ですか。
  • 変更した場合直ぐに見積りができますか。
  • 支払い条件はどうなっていますか。
  • 材料が施主支給でも構いませんか。
  • コストバランスは良いですか。
  • 追加・変更に対応した設計で対処してくれそうですか。

以上が主な項目になります。

不信感を抱いているのであれば早めに断る勇気を持ってください。これでよいと決めたならば、誠実に実行していけばよいでしょう。自分が決めた理由をきちんと相手に伝えることで依頼された会社も心意気を感じ、より誠実に対応してくれることでしょう。途中不安になった時には、いつでも相談することです。お互いの思い違いが意外なところでつまづきとなるものです。

注文住宅の広告を掲載する

LIFULL HOME'S

依頼前に気をつけるべき心構えをチェック - 住宅メーカー(ハウスメーカー・工務店)と契約する(家づくりのダンドリチェック)。注文住宅の新築・建て替えなら【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】多くの住宅メーカー(ハウスメーカー、工務店)や設計士、住宅カタログの中から、建築予定エリアやこだわり条件で絞込み!開催中の見学会・住宅イベント、お得なキャンペーン情報も満載です。施工事例や価格・相場感をつかむ坪単価情報により理想の家づくりをお手伝いいたします。