家づくりのダンドリチェック

STEP2 イメージを固める

家族で話しあってどんな家に住みたいかイメージを固めましょう。家に求めるものを明確にし、そこから広がるイメージの中で必要なものを整理していきます。

デザイン住宅の基礎知識 - イメージを固める

デザイン住宅とは?~他にはない、独創的なデザインを楽しめる住まい~

デザイン住宅は、外観、インテリア、空間構成まで、住まい全体をひとつのデザインコンセプトをもって設計された住まいのこと。建築家の個性や作風を強く打ち出した、いわゆるデザイナーズ住宅も、デザイン住宅のひとつになります。

最大の特徴は、「他にはない、自分たちだけのオリジナリティあふれるデザインの家」を実現できる点。自分の好きなデザインテイストで、間取りはもちろん、素材や仕上げまでとことんこだわった家づくりができるのです。

最近では、意匠的なデザインだけでなく、「暮らしやすさ」や「心地よさ」も含めて、住空間すべてをトータルにデザインするという発想で設計されるデザイン住宅もみられるようになっています。

どんなデザインがあるの? ~和風、洋風、和洋折衷、シンプルモダンなど多種多彩~

オリジナリティ豊かなデザインがデザイン住宅の特徴ですから、デザインテイストはじつに多種多様です。そんななかでも代表的なデザインスタイルが、「シンプルモダン」や「現代和風」「和洋折衷」「南欧スタイル」「北米スタイル」。

シンプルモダンは、屋根も含め全体の形がシンプルなスタイル。色も白やグレーなどの落ち着いたものが多く、中には打ち放しコンクリートの素材感をそのまま外壁に活かしたデザインなどもあります。「現代和風」は、日本の伝統的な和のスタイルに現代的な趣を合わせたデザイン。軒や屋根のラインが描く直線や格子などの意匠が特徴です。「和洋折衷」は、和風と洋風のデザインをバランスよく融合させたデザイン。落ち着きがあり、周囲の街並みとも調和しやすいスタイルです。

また、「南欧」「北米」のスタイルは輸入住宅のテイストを採り入れたデザイン。南欧スタイルは明るく開放的なイメージ、北米スタイルは総レンガタイル貼りの重厚感漂うものやアーリーアメリカンなどもその一例です。

伝統と現代的な趣が融合した「現代和風」の家
写真提供: 株式会社アイデン企画

梁の柿渋色は古民家再生を思わせる上質な空間
写真提供: 株式会社アイデン企画

デザイン住宅の注意点 ~暮らしやすさ、快適性にも十分な配慮を~

意匠的なデザインの美しさ、いわゆる「見た目」だけにとらわれすぎて、暮らしやすさや居住性が損なわれないようにすることが大切です。

例えば、生活動線や家事動線、収納がきちんと考えられているか、掃除やメンテナンスのしやすさまで配慮されているかなど。「外観も室内も白で統一したスタイリッシュな空間」でも、汚れが目立ってメンテナンスが頻繁に必要なのでは大変。大理石を床に用いて見た目はゴージャスにしても、掃除が大変で肌触りも冷たく、固いので足に負担がかかるなどのデメリットが生じる場合もあります。

希望のデザインをかなえるには ~イメージを正しく理解してくれる会社を選びが成功のカギ~

まずは自分たちがどんな家を建てたいか、理想のデザインを明確にすることからスタート。雑誌やホームページなどから「こんなテイストが好き」という写真を集めていくと、自然と好みの傾向がわかってくるものです。

また、写真をスクラップして用意しておけば、建築家等に希望を伝えるのにとても便利。言葉で説明するより、ストレートにイメージが伝わります。

そして建てたい家のイメージが固まってきたら、そのテイストのデザインを得意とする建築家や会社探しです。実際の完成事例を見て、話をするなかで、「希望を的確に捉えて、理想の家を提案してくれるか」など、家づくりのパートナーとして信頼・安心して任せられるかを判断しましょう。

実際のプランニングでは、先に用意した写真などを見せながらイメージを伝えると良いでしょう。細部まで納得のいくまで意見交換をし、最終的なプランをつくります。平面図や立面図、イラストや模型などを用意してもらい、具体的なイメージを描いていくこともおすすめです。

平面図、イラストや模型などでイメージを描いていく

外観デザイン住宅カタログを探す

HOME'S(ホームズ)

デザイン住宅の基礎知識 - イメージを固める(家づくりのダンドリチェック)。多くの住宅メーカー(ハウスメーカー、工務店)や設計士、住宅カタログの中から、建築予定エリアやこだわり条件で絞込み!開催中の見学会・住宅イベント、お得なキャンペーン情報も満載です。施工事例や価格・相場感をつかむ坪単価情報により理想の家づくりをお手伝いいたします。