家づくりのダンドリチェック

STEP1 家づくりの基本を知る

まずは家を建てるための基礎知識をおさえましょう。家づくりのスケジュールから住まいの構造まで、基本をおさえておくと今後の計画がスムーズに進みます。

ハウスメーカーで建てる注文住宅 - 家づくりの基本を知る

畑中学(はたなかおさむ)

トクする家づくりのアドバイザー・武蔵野不動産相談室株式会社 代表
1974年東京都生まれ。設計事務所にて一戸建てや公団分譲地を手掛けた後、不動産会社へ移り最年少で店長になる等、7年間にわたり不動産の販売・企画・仲介を責任者として携わる。
2008年に創業。家に関する相談を約800組受け、お金の面から多くの方に満足のいく家づくりと家の買い方をサポートしている。
ホームズ・マイホームカウンターで講師として皆さんと家づくりを一緒に考えている。
「不動産の基本を学ぶ(かんき出版)」「不動産の落とし穴にハマるな(同)」「マンション・戸建 中古の選び方(日経ビジネス)」「お金持ち入門(実業之日本社 不動産編)」など著書は多数。

ハウスメーカーを選ぶメリットとは?

家を建てようとする場合、まず頭に浮かぶのが住宅展示場。
そこには多くのハウスメーカー各社がそれぞれの得意分野をもってモデルハウスを建てていますので、それらを見比べるだけでも参考になります。そして検討を進める中で、気になる1社を絞り込んでいくのが一般的です。

ただ、検討をする中で「ハウスメーカーで良かったかな?工務店も検討した方が良かったかな?」と思うこともあるはずです。
その不安を払拭するため、ハウスメーカーとそのメリットについてご説明いたします。

ハウスメーカーで建てる注文住宅のメリットとは?

ハウスメーカーとは、自前で生産設備を用意することで建材の大量生産を行うとともに、設備等の大量仕入れを図ることで、数多く構造、間取りなどで規格された家(商品)をつくっていく住宅会社のことを言います。なお、施工自体は地元の工務店等に依頼をするのが一般的ですが、建材の提供やシステム化された管理によって一定の水準の品質を保てるようにしています。
「大量生産/仕入れ」と「システム化」、「規格商品」の3つがキーワードであり、メリット・デメリットともこのキーワードによるものと言えます。

4つのメリットについて

まずは、メリットについてです。大きくは4つあります。

1つ目のメリットは「安さと良質の提供」です。
建材の大量生産と設備等の大量仕入れ、システム化された家づくりによって、安く良質な家を消費者に提供できます。
多くの建材を生産することや、設備を大量に仕入れることでコストを抑え、その分建物価格を抑えることできるからです。
また、システム化された家づくりによって無駄を省くことができ、経費を抑えることができます。その還元は、消費者が受けることができます。

安さと良質の提供がメリットの1つ

2つ目のメリットは「分かりやすさ」です。
規格商品ですから、竣工後の外観や間取り、竣工までのコストはほとんど狂いがありません。そのため消費者にとって分かりやすいと言えます。
また、コストの件ですが、最初に出てきた見積額からずれることがあまりありません。それだからこそハウスメーカーだけが、この規格商品は坪単価何万円で建築が可能です、と言えるのです。

3つ目のメリットは「維持管理の容易さ」です。
建材の大量生産と設備等の大量仕入れによって、もし補修等が必要になってもゼロからつくったり仕入れたりする場合と比べて、容易に早く対応することができます。
また、建物は規格商品であるため、他所で問題等があればフィードバックされ、皆さんのご自宅にも維持管理や補修等で活かすことができます。
事例も年数が経つほど多くなるため、後日問題が行った場合も解決策は早く見つかることでしょう。

4つ目のメリットは「安心できる保証の仕組み」です。
10年保証や30年保証など、ハウスメーカー各社でメンテナンスを含めた長期の保証制度があります。たとえば、シロアリの駆除を10年で1回すれば、その後に補修とかが生じても、費用をかけずにメンテナンスをしてくれるという保証制度です。
このようなことができるのは、イザというときに耐えられる大きな経営規模である点と、3で述べた維持管理の容易さがあるからです。長期保証が実現できるのです。

住んでからも長期保証で安心

デメリットとよく間違う勘違いとは?

一方で、デメリットについても触れておきます。
デメリットは「規格外のことをすると費用や時間がかかる」というものです。
規格商品であるために、そこから外れたことをする場合は費用や時間がかかるのは当然です。たとえば、間取りにこだわりがあって、規格された間取りにはないようなことをやろうとすると、費用が高くついたり、場合によっては保証の関係もあり、できないということがあります。建材や設備が決まっているためでもありますが、自由度という点では少し難点があるのです。

規格外の対応に費用と時間がかかることも

またハウスメーカーに対するよく間違う勘違いがあります。
ハウスメーカーより工務店で建てる方が安いというものです。
その理由として挙げられるのは、広告費や人件費、その他経費が工務店はあまりかけずに済んでいるので、その分建物価格を安くできるからというものです。
確かにハウスメーカーはテレビでのコマーシャルなど広告費は工務店よりかけており、また、営業マンの他に様々な人が関係している分人件費はかかっていますので、その分は建物価格に織り込まないといけません。一理ある話と言えます。
ただ、実際は工務店でハウスメーカーの規格商品と同じような間取り、構造の家をつくろうとするなら、そこまで建物価格に大きな差異がないことが多くあります。意外ではありますが、実際に見積りを取ってみたところ、逆にハウスメーカーの方が安かったこともあります。
その理由は、建材の大量生産、設備等の大量仕入れの影響が大きいと思います。
それに加えて、品質の安定や長期保証なども含めて考えると、ハウスメーカーの規格商品に近い建物をつくる場合は、ハウスメーカーに優位性があることがありますので、単純にハウスメーカーは工務店よりも価格が高いと勘違いしないようにしましょう。

注文住宅の広告を掲載する

HOME'S(ホームズ)

ハウスメーカーで建てる注文住宅 - 基礎知識を学ぶ(家づくりのダンドリチェック)。注文住宅の新築・建て替えなら【HOME'S/ホームズ】多くの住宅メーカー(ハウスメーカー、工務店)や設計士、住宅カタログの中から、建築予定エリアやこだわり条件で絞込み!開催中の見学会・住宅イベント、お得なキャンペーン情報も満載です。施工事例や価格・相場感をつかむ坪単価情報により理想の家づくりをお手伝いいたします。