“地域危険度”ってどうやって測るの?

今回ご紹介するのは、平成25年に公表された「地震に関する地域危険度測定調査(第7回)」です。この調査では木造、鉄筋コンクリート造などの建物構造、建築年代、階数、棟数、建物用途ごとの火気等の使用状況、道路や公園の整備状況などをもとに危険性を測定しています。

この調査の特徴は、地震がいつどこで起きるのか分からないという前提のもと、特定の地震を想定するのではなく、各地域で同じ条件で地震が起こったと設定した上で危険度を測定していることです。つまりその地域の地盤や建物の特徴が分かるということになります。

危険度のランクは全町丁目の中でどの程度のランクに位置しているのかを測る相対評価となります。そのため、安全性が向上していても、他の地域の安全性がさらに向上している場合には、ランクが下がることもあります。

ランクの図

ワーストランキング上位の町はあの3つの区に集中

それでは第7回の「地震に関する地域危険度測定調査」の総合危険度ランキング ワースト20から見ていきましょう。建物倒壊危険度と、火災危険度の順位をもとに算出した総合危険度は、以下のようになりました。

総合危険度ランキング ワースト20
総合危険度ランキング ワースト20

ワースト1位は「荒川区町屋4丁目」となりました。2位は「足立区千住柳町」、3位は「墨田区京島3丁目」でした。

上位には荒川区、足立区、墨田区が並んでいます。地盤は沖積低地が並んでいます。沖積低地とは、形成された年代が新しく、主に海面下での堆積物でできているため、地震が起こった場合に揺れが増幅されやすい傾向にあると言われています。

1位の「荒川区町屋4丁目」は建物倒壊危険度では7位、火災危険度では3位といずれも危険度が高い順位にあったため、結果的に総合危険度で1位となりました。2位の「足立区千住柳町」は火災危険度が1位となっています。これは主に建物棟数密度が高いことが影響していると考えられます。3位の「墨田区京島3丁目」は建物倒壊危険度が4位、火災危険度が7位と、いずれも危険度が高い結果となりました。

これを地図で見てみると・・・、なんと危険度が高い場所と低い場所とある境界線で分かれる結果となりました。
次ページ→地図で見る危険度の高いエリア