お部屋探しから物件を決めるまでの流れは?

流れを把握して、ひとつずつチェックしていきましょう
流れを把握して、ひとつずつチェックしていきましょう

① 入居時期を決める
情報収集や物件見学に費やす時間を逆算して、入居時期を決めましょう。

② 住むエリアを選ぶ
入居時期を決めたら、通学や通勤経路を視野に入れながら住みたい町を考えます。調べていくうちに、今まで知らなかった町でも「意外と住みやすそう」「設備がキレイ」など、新しい発見があるかもしれません。

③ 物件を探す
インターネット・チラシ・住宅情報誌など、さまざまな媒体を活用して幅広く情報を集めましょう。希望の町の家賃相場と、引越しにかかる諸費用も頭に入れながら、収入や仕送りの範囲で無理なく支払える物件を厳選します。

④ 仲介会社を訪ねる
住むエリア・家賃の予算・設備・間取りなど希望条件がある程度まとまってから、仲介会社に足を運びましょう。ネットや広告では分かりづらかった専門用語は専門家の宅地建物取引主任者に質問すると解説してくれます。希望エリアに近い仲介会社なら、周辺環境や住み心地などの情報を教えてくれる場合もあります。

⑤ 物件の見学
日当たりや設備などは、実際自分の目で見て物件を確認することが重要。時間帯を変えて見学すれば、騒音や周辺状況までよく分かっておすすめです。

申込から引き渡しまでの流れ

支払いのタイミングを知りましょう
支払いのタイミングを知りましょう

部屋が決まったらいよいよ物件の申込です。申込から入居するまでの流れと、お金が必要なタイミングについて解説します。

⑥ 入居申込書の提出と入居審査
住所・氏名・職業・連帯保証人などを記入した「入居申込書」を不動産会社に提出し、大家さんが入居しても問題がない人物かどうかを審査します。フリーターや定職に就いていない人、連帯保証人がいないといった場合は審査が通らない可能性もあるようです。審査結果は申込の日から早ければ2~3日、遅くとも1週間以内に出ますが、待っている期間に契約にかかる費用や入居日の確認など疑問点を管理会社に確認して解決しておくと、契約直前になっても焦りません。

⑦ 申込金の支払い
部屋を借りる意思を示すための意味合いで、入居審査の前に預かり金を支払います。金額は不動産会社によって異なりますが、だいたい1万円~家賃1ヶ月分が相場です。契約が成立しなかったら返還され、成立した場合は契約金の一部として割り当てられます。

⑧ 契約する
大家さんから賃貸借契約の承諾を得られたら、宅地建物取引主任者から重要事項説明を受け、内容を確認後に賃貸借契約を結びます。契約の当日には敷金・礼金・仲介手数料・前家賃・火災保険料・鍵の交換費用といった費用をまとめて支払う必要があります。不動産会社や物件によっても異なりますので、事前に確認することを忘れずに。

⑨ 入居
すべての支払いを終え、部屋の鍵・契約書・領収書・預かり書を受け取ったら無事、部屋の引き渡しとなります。

重要事項説明は契約前にしっかり確認しましょう

重要事項説明は理解してサインをしましょう
重要事項説明は理解してサインをしましょう

賃貸契約を終結する前には、不動産会社の宅地建物取引主任者の資格を持った者が、物件の概要や注意事項等を契約者に説明する義務があります。一般的には、不動産会社の人が重要事項説明に明記されている文面をそのまま読み上げます。

普段、聞き慣れない専門用語をつらつらと読み上げられて、何を言っているのか分からないからといって適当にサインすると、あとで悔やむことにもなります。分からないことはその場で確認し、納得した上で署名・捺印しましょう。
また契約前、特に確認しておきたいポイントを紹介します。

・家賃・共益費の支払い方法
家賃と共益費を合わせた額の最終確認を行いましょう。支払い方法が振り込みの場合、どちらが手数料をもつかどうかも確認を忘れずにしましょう。

・更新条件
更新は2年おき、更新料は家賃1ヶ月分が一般的ですが、物件によって異なります。更新時期、更新料のほか、家賃値上げの予定はあるかについても確認してください。

・解約時の手続き
退去すると決まった場合に、どのぐらい前から届け出る必要があるのかをチェック。月の途中で退去する時の賃料は、日割り計算になるのか、あるいは1ヶ月分支払うことになるのかも確認しておきましょう。

・敷金の清算方法
賃貸物件を明け渡す際は原状回復義務があり、通常は敷金から修繕費用をまかない、その残金は返還されます。敷金の清算方法は大家さんによって決められるので、思ったよりお金が戻ってこなかったといったトラブルが多い部分です。どっちがどこまで負担するのかをなるべく具体的に決めておくと安心です。

・禁止事項
ペット飼育が可能か、石油ストーブの使用、ピアノの持ち込みなど、物件によって許可するか禁止されているかの違いがあります。知らなかったとはいえ決められているルールを破ってしまうと、近隣トラブルに発展する可能性もあるので要注意です。

関連記事

初めての一人暮らし究極のバイブル 一人暮らしを決めた方必見!
男性の一人暮らし。住む家・住む街にこだわるのなら、どういうところ?
窓ガラスで暮らしが変わる!? 防犯・防音・防寒目線で窓ガラスを選ぶ
一戸建てはマンションより防犯性が低い?
結婚しやすい間取りとしにくい間取りがある?【同棲実態調査①】