情報はとにかく早めに!そして多く!

どこにどんな掘り出し物があるとも限りません。情報はとにかく早めに、出来るだけ多く集めたいものです。入手方法としては、

1.不動産屋へ直接出向
2.情報誌を利用
3.インターネットで調べる


この3つが今は主流ですが、まずはじっくりネットを活用して物件を「見慣れていく」ことがオススメです。情報誌の場合、印刷発行スケジュールの関係で、入稿から雑誌販売までの間に成約済みの物件もあるようです。不動産屋さんに現地直行の場合、相手と対面してしまうので、敷居が高いと感じる人も多いようです。

【上手な情報収集で上手なお部屋探し】

<ステップ1:引越したいと思ったら>
引越し時、いったいいくらかかる?
条件をよく絞る
情報をとにかく集める
間取り図との付き合い方

<ステップ2:不動産屋へGO!>
いい不動産屋さん、悪い不動産屋さん
目的にあった不動産会社を探す
訪問時のポイント

<ステップ3:下見へGO!>
下見に持参するもの
できれば下見は友人・家族等と複数人数で
重要チェックポイントはココ
徒歩!徒歩!街との相性もチェック
よし!気に入った

<ステップ4:いざ、契約>
契約手続きに必要なもの
保証人って?
契約書・重要事項説明書への署名/捺印

<ステップ5:そして引越し>
次は引越し

関連記事

その年収なら、どんな家に住める?(1) これが「年収別適正家賃」!
【賃貸連載①】理想の住まいを想像して、まずは情報収集!
みんなが部屋探しで求めるものは?HOME’Sの物件検索設備条件ランキング
賃貸物件を借りる前にチェック!物件のココを見て築年数を見極めよう
2017年HOME'S住みたい街ランキング