俗に「敷2礼2」などと軽くいいますが、その単位は当然、「家賃」なのです。「1」と「2」とましてや「0」じゃ大違いですね。よーく確かめておきましょう。

またこの中で「敷金」は、全くゼロということはほとんどありません。というよりも、逆にこれが全然無かったり1ヶ月分だったりした場合、退去時に「足りないから」と追加修繕費などを多額に請求される可能性も考えられるのです。 次の引越しに備えて何かと物入りな時に、そういう状況は避けたいもの。そう考えると、ここは保険のつもりである程度払っておいた方が安心かも知れません。

buy house
安い賃貸にはそれなりの理由がある?

これに対して、「礼金・手数料」は、純然たる「お礼」なので、敷金のように安すぎる際のデメリットはまず無いでしょう。ですから、あまり予算も無く、でも引っ越したいという場合などは、この二つが少ない(もしくは無い)物件を探してみるのも一案。

ですが、気をつけておきたいのは「なぜ安いのか」ということ。 例えば、「礼金ゼロ物件が売り」の不動産屋さんの場合や、家主が良心的もしくは地主などで「余っているから貸している」状況だったりする場合(=家賃収入をそれほど目的としていない)なら、勿論こういった話も安心して受けられますね。
逆に、俗に言う「問題アリ」物件を安く押し付けちゃおうという場合も無きにしもあらず、というのも正直なところ。不動産屋さんとの会話の中で、こういう点をなにげなく探って、十二分に活用したいものです。

また、最近はネットを通じての申込だと手数料半額、などのサービスも増えていますので、こちらも利用を考える価値は充分あるといえるでしょう。

物件を探す

敷金礼金0(ゼロ・なし)の物件特集

関連記事

「ゼロゼロ物件」は本当にお得? メリットとデメリットを考える
敷金って誰のもの?返してもらう交渉術
初めての賃貸住宅、家賃だけじゃないこれだけかかる初期費用!
知らないと損する!賃貸物件契約後のキャンセルはお金が戻ってくる、それともこない?
その年収なら、どんな家に住める?(1) これが「年収別適正家賃」!