家賃が年収の25%を超えると家計を圧迫! 年収の2割以内に抑えよう

1-1-1
1_1_2
家賃の目安は年収の2.5割

まだ日本経済が右肩上がりで、勤続年数が増えれば給料が上がり続けた時代は、「家賃は月収の3分の1がいい」とよくいわれました。20年~30年前の好景気の時代なら、それでもよかったかもしれません。ところが時代は変わり、リーマンショック以後、サラリーマンの平均年収は下がり続けています。
そんな時代の「年収に見合った家賃」の公式は、ズバリ、年収×0.25=年間家賃額。家賃が年収の30%を超えてしまうと、家計がかなり圧迫されます。5年先にも家賃が「払えるか」考えて家賃を決めましょう。ちなみに住宅を購入した場合のローン返済額は、年収の2割が基本です。

実際の家賃が月収の30%でも 月収の20%の家賃を希望する人が多い

1-1-3
家賃の目安

たとえば一人暮らしの場合、「一人暮らしに関するアンケート調査」(公益社団法人全国宅地建物取引業界連合会2012年度版)によると、半数近い人が月収の「30%」程度の部屋に住んでいます。しかし、月収の「20%」程度を妥当と考える男性が35.2%、女性は31.7%います。
最も人気のある部屋のタイプは2011年度が「1LDK」でしたが、2012年度は「1DK」という結果に変わっています。一人で暮らす最低限のスペースがあれば十分という傾向が強くなったといえます。最近は「シェアハウスに住んでいるから家賃は光熱費込みで3万円」という方も珍しくありません。

1_1_4
家計を見直そう

年収400万円未満は、家賃負担が高い場合が多い?
年収400万円未満の場合、独身者と既婚者で支払っている家賃が異なる場合が多いようです。独身の場合、ちょっと無理をして8~10万円の家賃を払っている人もいますが、6万円~8万円のワンルームに暮らしている人が大半。既婚で家族がいる場合、交通アクセスの利便性を多少、犠牲にしてでも広めの部屋を選ぶ傾向が強いようです。
年収が400万円なら適正年間家賃額は年収の2.5割の100万円。一ヶ月の適正家賃は83000円程度になります。もし家賃が高いと感じたら、適正家賃の物件に引越すのも一つの方法。
それが無理な場合は家計を見直し、節約できる部分はさらに節約しましょう。

1_1_5

年収500万~800万円世帯は、貯金できる家賃が理想!
年収500万円の場合、手取りは25万円程度、年収600万円の場合、手取りは30万円くらいでしょうか。年収600万円なら広めの部屋にも住めますが、適正家賃の公式に当てはめれば、年収500万円なら理想の家賃は10.4万円程度、年収600万円なら家賃12.5万円が上限です。
ちなみに年収800万円なら、適正家賃は13.3万円ほど。「これだけの家賃を払うのであれば住宅を購入したほうがいい」という価値観の方が現状では多いようです。

1_1_6
過度な浪費は禁物

年収800万円~1000万円世帯は、浪費を控えて堅実に!
民間給与実態統計調査結果(国税庁・平成23年)によると、年収800万円台の割合は男女計で4.4%。全給与所得者に対する年収1000万円台の割合は、男女計で3.9%。かなりリッチな所得層といえますが、その分、所得税も増えるので過度な浪費は禁物です。
年収1000万円の場合、年間適正家賃は250万円ですから、毎月の家賃は20.8万円が限度。年収800万円台と同じく、賃貸よりも一戸建てや集合住宅の購入を選ぶ傾向が強いようです。

家賃は年収の2割以下で暮らしの達人に!

「今後も賃貸で暮らすライフスタイルがいい」「結婚したら住宅を買いたい……」。どちらにしても、将来、配偶者や子どもの教育費が増えることを見越して家賃を考える必要があります。年収に見合った家賃を設定することで、将来の豊かな人生設計につなげましょう!

関連記事

その年収なら、どんな家に住める?(2) 購入できる物件を年収から試算!
【トラブルなく賃貸物件を借りるには1】こんな広告に注意!~定期借家編
はじめての1人暮らしを失敗しないために!賃貸物件の探し方から引越しまで解説
人気の街の検索数は…?東京都の駅、検索伸び率ランキング~2015年度賃貸編
室内で猫を飼うために必要な3つの対策~賃貸でネコを飼う心得
家賃や食費はどちらが負担?同棲生活の厳しい懐事情を公開【同棲実態調査③】