中古住宅の「安心」と暮らしの「安心」のトータルサポートが業界スタンダードになることを目指します。

リストインターナショナルリアルティ株式会社

流通営業部 次長 森下 竜太

Q:貴社の建物検査(住宅診断、ホームインスペクション)や瑕疵保険に関するサービスについてお聞かせください。
A:仲介会社としてインスペクション+瑕疵保険を無料にて全国初のサービス提供をスタート。

img_question1
リストインターナショナルリアルティ株式会社

「いい物件5年保証制度」は2011年10月にスタートしました。
国交省の「不動産流通市場活性化フォーラム」での提言が2012年6月ですから、業界でもいち早いサービスのスタートだったと自負しています。

このサービスの対象物件は、新耐震基準以降の設計であることと、当社に専任、または専属売却依頼をいただける一戸建てであることが条件です。
この条件を満たせば当社負担で事前インスペクションを行い、合格すれば5年間の瑕疵保証をつけた上で販売しております。

このサービスを導入したきっかけは、一般的にトラブルが多くなりがちな中古住宅売買市場で「自分たちが自信を持って物件をご紹介したい」「お客様に嘘や偽りのない仲介事業をすすめていきたい」という社員たちの強い想いからでした。

たとえば自動車の中古販売なら、10年前の車でも、状態が良ければ価値がつきます。ですが中古住宅は、10年経つと価値が半分以下、または無価値になってしまう。丁寧に住まわれていた家とそうでない家が築年数のみで同様の評価になってしまう現状に対し、売主様が自宅の状態の良さをアピールできるような情報発信が、事前インスペクションによってできないかと考えました。
また、従来の現況有姿の取引では、トラブルがあった時に売主様も買主様も疲弊してしまいます。たとえ当社が金額を負担しても、トラブルを少なくする価値があると考えました。

こういった想いに共感いただき、今では売主様のほぼ100%にご活用いただいております。

Q:中古住宅流通のおける、貴社独自の取り組みについてもう少しご紹介ください。
A:売主様向けには「売却専門のコンサルティング」、買主様向けにはエスクローサービスと3つの「万が一」のサービスをご提供。

当社では、売主様の物件を大切な資産と捉えています。
そこで、売却を専門に扱う資産コンサルティングセンターを開設し、売主様のご要望やご相談に応じています。資産の売却は購入時よりも時間がかかるものです。事前インスペクション等で情報を開示するだけでなく、専任の人間がしっかりとフォローすることが資産価値を下げない売却につながると考えています。

一方、買主様向けには、不測の事態に備えるため、エスクロー、つまり手付金預託制度を設けています。手付金受け渡し後、なんらかの事情で売買が不成立になるケースがまれにあります。この時、売主様が手付金を次の家の頭金などで使っていると返却ができず、売主様に不便となるばかりか、買主様にとっては大きな不安となります。こうした事態を避けるために売買取引が終わるまで、第3者信託機関に手付金を信託しておくのです。

またその他に、水周りや鍵の紛失など日常的なトラブルに対して街の便利屋さんのようにいつでも駆けつける「イツデモリスト」、新しい地域でも気軽に健康の相談ができる「メディカリスト」、所得がなくなってしまった時に支払いを補填する「モシモリスト」の3つのサービスで生活を360°サポートする「ミマモリスト」で買主様の「万が一の困った」にお応えしています。

Q:これからの中古住宅の売買を検討する方へのメッセージをお願いします。
A:自分のライフスタイルに家をあわせる。それが中古住宅の魅力。

2013年は、中古住宅の保証元年とも言える画期的な年です。
これまで、中古住宅というのは、評価がほとんどされていないのが現状でした。けれどもこれからは価値のある住宅にはきちんとした評価がされ、適正な価格で売ることができる時代です。

売主様は、診断に対して「評価が下がる」と後ろ向きに捉えないことが重要です。
当社では「いい物件5年保証制度」がついた物件の方が、売却までのスパンが短いという結果がでています。診断によって売却のチャンスが広がるものと捉えていただればと思います。

また、買主様にとっても、これからの中古住宅は魅力あふれるものになるでしょう。
予算の中で無理に新築住宅を選んでいると、箱に身体をあわせるような、少し窮屈な思いをされることも多いようです。それに対して「安心」が付加された「現代の中古住宅」では、リフォームによって自分のライフスタイルに合わせて自由に住まいを変えて行くことができる柔軟性を持っています。

「自分たちが胸を張って物件をお預かり、ご紹介をしたい」という想いから、先行してサービスを提供してきた当社も、パイオニア精神をもって、中古住宅により魅力的な付加価値をつけて提案できるよう、努力を続けています。

1

流通営業部 次長 森下 竜太 プロフィール
2000年4月入社。マンション売却の専門部署に配属後、上大岡、センター北の支店長を歴任。2012年、売却に特化した資産コンサルティングセンターを設立。同センター長就任。モットーは「横浜から安心安全の取引を」。会社一家族を愛する二児の父。

リストグループ
不動産仲介から、注文住宅を含めた一戸建て分譲、マンション分譲、都市開発を手掛ける総合不動産会社。また、横浜のシンボルである横浜マリンタワーの運営やアマチュアスポーツ・文化事業をサポートするなど様々なCSR活動にも取り組み、地元横浜・湘南の発展に貢献している。⇒この会社のサイトを見る

※建物検査(住宅診断、ホームインスペクション)の名称は各社によって異なりますのでご了承ください

⇒一覧に戻る

今どき中古住宅購入事業 | 中古住宅購入の気になるポイント | 中古住宅購入に役立つサービス紹介