「現状有姿」という市場の意識を変えることが目標です。

副都心住宅販売株式会社

代表取締役 佐藤 直樹

Q:貴社の建物検査(住宅診断、ホームインスペクション)や瑕疵保険に関するサービスについてお聞かせください。
A:全ての取り扱い物件で建物診察サービスを含めた、3つのサポートサービスを展開しています。

img_question1

当社では「建物診察サービス」という名前で中古住宅の建物診察を行っています。

このサービスの一番の特徴は、一戸建て住宅の「全戸診断」ということです。通常であれば「専任媒介限定」や「新耐震基準以降」といった何らかの制約をつけることが多いのですが、当社の場合は住宅の売却をご相談いただいた物件すべてが対象です。

JIO(日本住宅保証検査機構)の保険での指定検査人である専門業者が「建物の診察」を無料で行い、売却する住宅の詳しい状況を確認し、買主様が安心して判断できる「カルテ」をおつくりします。
その際、基礎や床下、建物内部、傾斜、外壁、小屋裏、雨漏り、蟻害、給排水管など、見ないところはないほどの細かい診察を行います。診察後におつくりするカルテが70ページにも及ぶことからも徹底具合が分かるかと思います。この診察を受けることで、同時にJIOの既存(中古)住宅瑕疵保険に入れるかどうかも分かります。

当社では、これらのサービスをすべて無料で行っております。
その他、買主様側に対してはメンテナンスのアドバイスを行う「生涯めんてサービス」や、引き渡し後2週間以内に発生した未告知だったインターホンやガスコンロなどの付帯設備の故障に対して30万円までの保証をする「付帯設備救済サービス」を無料にてご提供しております。

Q:貴社がこうしたサービスを導入した経緯についてお聞かせください。
A:「現状有姿」から脱却し、10年前からサービスを提供しています。

当社が建物診察を始めたのは、約10年前からです。
当時は中古住宅に対する保証や基準の制度がなかったため、自社独自の保証制度への適用条件の一つとしてスタートしました。その後、JIOの中古住宅売買瑕疵保険ができ、当社のグループ会社であるコーディー株式会社が全国ではじめて検査会社に認定されたことから、2009年7月から現在のサービスの土台ができ上がりました。
中古住宅市場が活性化する中、提供するサービスの内容を随時修正し、売主様も買主様もより安心して売買ができる環境づくりにつとめています。

当社がある札幌では、マンションも含めた中古住宅売買が年間5,000~5,500件で推移していて、最近では新築売買を上回っている状況です。

けれども、こうした市場の中でも、中古住宅の売買は「現状有姿」のままで、思わぬトラブルを抱える可能性があります。これを解消するのが売買仲介専門会社である当社の責務だと考えました。
そこで、当社は中古住宅を、査定の段階で建物診察をし、その結果を価格に反映することにしたのです。査定価格の根拠が明確であることから売主様にもご理解いただき、買主様にとっても「評価できる安心」として捉えていただいていると自負しています。

Q:これから中古住宅の売買を検討する方へのメッセージをお願いします。
A:売りっぱなし、買いっぱなしではなく、安心できる売買取引を。

今後、中古住宅の売買市場は大きく変化するでしょう。

売主様は、建物診察を「物件価値が下げられる」と捉えないことが重要です。ご自身の商品である住宅について、良い点も悪い点もすべて把握し、明確にして売り出すことが「安心」であり、後のトラブルといったリスクを回避できるのです。買主様は、中古住宅を従来のような「価格」「立地」のみで判断せず、「ご自身が何十年も住む家」という目で見ることが大切です。

また、仲介会社については、マイナス面をきちんと提示しているか、それに対する対応策の提案があるか、といった情報開示の透明性を、会社の選定基準にされると安心だと思います。また、「住宅そのものの状態によって価値(査定価格)が変わる」という時代に突入しつつある現在、今住んでいる家をどのようにメンテナンスしていくかは売却時の大きなポイントになります。

当社では、自社を通じて一戸建て住宅を購入されたすべての買主様に対して、年1回お伺いして30分~40分の小修繕を行う「生涯めんてサービス」を、買主様がご希望される限り生涯にわたって無償でご提供しています。こうしたサービスを上手く利用し、不具合を小さなうちに解消しておくこと。これも今後の中古住宅市場にとって重要なポイントとなりそうです。

1
副都心住宅販売株式会社

代表取締役 佐藤 直樹 プロフィール
平成元年に前代表の藤本隆と二人で副都心住宅販売を創業。
平成15年より同社の代表に。安心・安全な中古住宅流通のために、全社的に「建物診断」・「かし保険」を伴った中古住宅の売買仲介対応を推進中。

副都心住宅販売株式会社
平成元年より地域専属担当制による不動産売買仲介を専門に事業を展開。札幌圏での売買仲介成約件数は1994年から19年連続No.1(自社調べ)。住まいと暮らしの総合提案施設「イエイエパーク」を運営。
新たな住宅購入手段として「中古住宅+リフォーム」を提案し、「建物診断」と「かし保険」を伴った中古住宅の売買仲介対応を推進中。 ⇒この会社のサイトを見る

※建物検査(住宅診断、ホームインスペクション)の名称は各社によって異なりますのでご了承ください

⇒一覧に戻る

今どき中古住宅購入事業 | 中古住宅購入の気になるポイント | 中古住宅購入に役立つサービス紹介