住宅市場動向調査を読み解く

2015年3月26日に国土交通省から発表された「平成26年度住宅市場動向調査」は、全386ページにわたり、平成25年度(2013年度)の住宅の建設、購入、リフォーム等の実態把握・分析を行っている。

レポート自体は今後の住宅政策の企画立案の基礎資料とすることを目的にしているが、住まい探しを考える私たちにも役に立つ情報が多い。

今後順次この調査レポートのポイントを紹介していくので、最新の住宅市場動向のデータを見て、今後の住まい探しの際の参考にしてもらいたい。

注文住宅を購入した世帯の5%以上が、実は賃貸住宅も並行して検討

住宅を検討する際に、ほとんどの人が他の物件を比較検討しながら探していくのではないだろうか。最初に見学した物件が気に入ってしまい他と比較しないという人は少数派で、同じマンションでもちょっと広くて高そうな物件も一応見てみたり、注文住宅を建てるにしても、住宅展示場で複数の会社に話を聞いたりするのが普通だろう。

新築マンション同士、新築一戸建て同士で検討する人も多いが、人によっては物件種別のこだわりはなく、このエリアでマンションでも一戸建てでもどちらでもいいから探したい、新築でも中古でもこだわらないという人も昔よりは増えてきているようだ。

昔と言っても90年代ぐらいまでは、分譲マンションが欲しいと思った人は分譲マンション同士を見比べながら、気に入ったもの、ローンが組めそうなものを選択するケースがほとんどだったと聞く。ところが最近では、分譲マンションを検討する際、同じエリアで良い中古マンションが見つかれば新築にこだわらずに中古を選択したり、分譲マンションを検討しながら、検討エリア内で良い分譲一戸建てや土地があれば、一戸建てを選択する人もいるとよく聞くようになってきている。つまりこの調査データからは、人々の物件選択行動の変化を確認することができるということだ。

さて最初は、注文住宅を購入した世帯の実態から。注文住宅同士を並行して見比べていた人が三大都市圏(首都圏、中京圏、京阪神圏)では約70%という結果となった。つまりメーカーや工務店の中で比較検討したということで、順当な結果だ。

ところが、注文住宅を購入した世帯が賃貸住宅も並行検討した割合が、グラフの通り三大首都圏で5.4%もいた。この賃貸も検討した世帯、平成23年度で1.5%、平成24年度で4.5%、平成25年度で4.7%そして平成26年度で5.4%と着実に増加している。ちなみに全国集計でも、平成26年度の賃貸並行検討率は5.7%だった。

注文住宅を主に検討した人であっても賃貸も検討するということは、ローン支払いの不安や住宅所有願望の低下などが原因なのか、エリアを第一に考えるようになったのも原因なのかもしれない。

注文住宅を購入した世帯の5%以上が、実は賃貸住宅も並行して検討

分譲一戸建て住宅購入世帯の注文住宅並行検討率が年々上昇

続いて、分譲一戸建て住宅を購入した世帯の実態。こちらも主要な傾向は前段の注文住宅購入世帯と似ていて、分譲一戸建て住宅同士を並行して見比べていた人が全体の70.6%を占める結果となった。

ここで注目したいのは、分譲一戸建て住宅、つまり建売住宅を購入した人の約4割が、フルオーダーメイドの注文住宅も並行して検討していたという事実だ。実際に一戸建て分譲の市場では、実際に建てる前から販売を開始することも多いため、だいたいのプランが決まってはいるもののカスタマイズができるように、なっていることが多い。これが並行検討率の一定の高さの原因の1つと考えられる。

ちなみに注文住宅並行検討率は、平成23年度で35.1%、平成24年度で35.2%、平成25年度で37.3%、平成26年度で39.6%と年々増加を続けている。

分譲一戸建て住宅購入世帯の注文住宅並行検討率が年々上昇

分譲マンション購入世帯の25%は中古マンションも検討

分譲マンションを購入した世帯では、73.6%が同じく分譲マンション物件を並行して比較検討したという結果となった。

そして分譲一戸建てを一緒に検討した世帯が31.5%、中古マンションを並行検討した世帯が25.2%いた。前段の分譲一戸建て住宅を購入した世帯の検討種別が1位分譲一戸建て住宅、2位注文住宅、3位分譲マンション住宅と、全て新築物件だったのに対し、結果として分譲マンションを購入した世帯は中古物件を平行検討した世帯が3位にランクインしている。

これは、新築中古を問わずマンション志向の世帯が、新築中古を問わず一戸建志向より多めだという意味になる。マンションは、耐震性能が比較的高い、セキュリティ設備がしっかりしている、エレベーターが装備されている、家の中に通常は階段がなくてフラット、など一戸建てと違う特性があるが、なぜそうした志向になっているのかは順次、本レポートで紹介していきたい。

分譲マンション購入世帯の25%は中古マンションも検討

中古マンション購入世帯は、中古マンションを本命視

中古マンションを購入した世帯では、77.8%が中古マンションを一緒に検討していたと回答。これは他の物件種別購入世帯と比べても高い数字となっており、中古マンションを買った人は中古マンションを買いたいという意思が明瞭な人が比較的多いという結果となった。

一緒に検討の2位は分譲マンションの33.8%となっており、前段の分譲マンション購入世帯同様に、マンションという建物構造種別に住みたいという意向の人が一定の割合で存在することが分かる。ちなみに3位は中古一戸建て住宅で、価格面で選択肢に入ってきたといったところだろう。

また8.4%の世帯が賃貸住宅も並行検討しており、これは新築物件購入世帯と比べても高い割合となっている。



■調査概要
調査実施社:国土交通省
調査対象:平成25年4月~平成26年3月に住み替え・建替え・リフォームを行った世帯を
     対象とし、住宅の種類別に調査
調査方法:注文住宅は、建築物動態統計調査のうち「補正調査」の対象から抽出
     その他は調査地点を抽出し、調査員が該当の住宅を探し出し、
     訪問留め置き調査により実施

※本記事はデータを元にしたHOME’S PRESS編集部データ担当による見解です

中古マンション購入世帯は、中古マンションを本命視
配信元ページを見る

2015年 06月22日 11時06分