京都は複雑で綿密な風水の呪法により創られた都市

京都は風水都市である、という話を聞いたことがある人は多いことだろう。鬼門に比叡山寺を配し、都を守らせていたというのも有名な話だ。しかし実は京都はそれ以上に、複雑で綿密な風水の呪法の組み合わせによって創られた計画都市である。今回は、京都と風水の関係を、歴史の流れに沿って検証してみよう。

以前の記事「中国は風水で不動産を選ぶ?日本との違い、風水のはじまりと現在」で、中国の風水と日本古来の風水は、似て非なるものだったと解説した。では日本古来の風水とはどんなものだったのか?その答えが京都にある。

一千年以上も続く、歴史上希有な都として栄えた街を代表する建物一千年以上も続く、歴史上希有な都として栄えた街を代表する建物

京都や奈良は中国風水で言う理想の地形、四神相応の地

平安京が造営された当時、京都は「たいらの都」と呼ばれ安寧が願われた
平安京が造営された当時、京都は「たいらの都」と呼ばれ安寧が願われた

まず、都が京都へ引越した経緯からおさらいしよう。もともとは朝廷内での改革派と守旧派の勢力争いによる、長岡京への首都移転計画が発端だった。しかし長岡京が完成する間際に、皇太弟だった早良親王の謀反が発覚する。造反を知った桓武天皇は激怒、その騒動の最中に早良親王は、非業の死を遂げてしまう。

さてその後、完成した長岡京に引越したわけだが、とたんに天変地異が多発、これはきっと早良親王の怨霊の祟りに違いないと恐れた桓武天皇は、宇佐八幡の神官でもあった和気清麻呂に占いを命じ神託を受けた。その結果、京都の地に都を再度移すことになる。

その際、京都へ下見に行った時の様子が「日本後記」にこう記述されている。
「この国は、山河襟帯、自然に城を作す」

「山河襟帯」とは、中国の歴史書「史記」に、四神相応の地という意味で使われている言葉である。つまり都の移転先である京都は、中国の風水で言うところの四神相応の地であると報告しているのだ。四神相応については、「香港にみる風水が建築物に与えている影響 ~街と風水の意外な関係性」でご紹介しているので、ご覧頂ければ幸いである。

さて当時、中国風水における四神相応の考え方は、都市建設において常識化していたようである。京都の前々の首都であった奈良の建設予定地選定の理由も、「続日本記」に「方に今、平城の地、四禽図に叶ひ、三山鎮を作し、亀筮並に従ふ」と記されている。これは、まさしくすり鉢状の連山に囲まれ、一方向が開けた龍脈の流れる龍穴の地、風水における理想の地形を意味している。

そしてこの後、一人の天才の出現によって、京都を守る呪力の様相が変貌を遂げる。

安倍晴明の考えた中国とは異なる四神相応、変貌を遂げる京都

その天才とは、ご想像の通り安倍晴明(921年〜1005年平安中期の人)である。陰陽寮(暦編纂や占いをする役所)の天文博士(占い部門の長官)で、官位は従四位下(上司である陰陽頭が従五位下だったので晴明の方が格上)と、生前より神格化された存在だった。その晴明の子孫たちは、代々朝廷の陰陽頭となり、朝廷の呪術を長きにわたり率いた。

この安倍晴明の残したとされる家伝書が、『三国相伝陰陽輨轄簠簋内伝金烏玉兎集(さんごくそうでんいんようかんかつほきないでんきんうぎょくとしゅう)』であり、鎌倉時代に子孫の手によって完成している。

この本は、全5巻で構成されていて、第1巻、第2巻、第3巻には、牛頭天王説話に関する記述、いわゆる道教の神話が説明されている。風水の世界観の解説書的な部分であろうか。そして第4巻は風水、建築に関する吉凶説、第5巻は密教占星術である宿曜占術という具体的な占い方法について記述されている。

それによると四神相応の土地は「玄武=山丘、青龍=河川、朱雀=湖沼、白虎=大道」とされ、中国風水とは一部異なる内容となっている。もともと中国風水の根本は道教思想にあるため、無為自然が基本路線である。要は「自然を壊さずの精神」が根本にあるため、このように「白虎=大道」と置き換えることは、それに逆らうことになる。

晴明にどんなコペルニクス的発想の転換が働いたのかは、資料に残されてはいないので謎のままであるが、晴明以後の京都の街割や建築を見ると、明らかに「白虎=大道」と置き換えた、日本独自の風水の影響が見て取れる。中国における風水は思想的役割が大きかったのに対し、日本では呪術的役割に重きを置いたため、人の手を加えて進化させていったのだろう。後年には神社仏閣という建築物も呪術に利用している。

京都は、中国式風水の地形に作られた日本独自の風水の街

では晴明が出現する前の京都の地勢を見てみよう。建設当時の京都の地勢を見てみると、北方の桟敷ヶ岳(895.9m)の最高峰を中心として、東へは比叡山を経て大文字山まで連なり、西へは愛宕山からポンポン山へと連なっている。南は大きく開けていて、巨椋池まで平地が続き、そこにポツンと伏見城が建つ小山があった。まさしく中国風水で上々吉とされた四神相応の地である。

では平安中期以降はと言うと、北方の舟岡山を玄武と見立て、東には青龍の鴨川の流れ、西には白虎として山陰道が走っていた。南には朱雀として戦前までは巨椋池(諏訪湖とほぼ同じ大きさの湖)が存在した。

まさに京都は、中国式風水の地形の上に作られた、日本独自の風水の街となったのである。さてこれ以降、京都は更に変化を遂げる。晴明が残した風水秘術を使って、京都を守るための呪法を更に強化していったのである。

京都御所は、様々な陰陽道の秘術で守られていた京都御所は、様々な陰陽道の秘術で守られていた

晴明の残した風水秘術「天心十道定穴法」で守られた御所

天心十道定穴法とは、東西南北に正対する高山を結ぶ線の交点に大極殿を置く呪法天心十道定穴法とは、東西南北に正対する高山を結ぶ線の交点に大極殿を置く呪法

古代の日本の都造りは、大内裏を北の中心にして、真っ直ぐ南に朱雀大路が羅生門まで通り、その左右を右京・左京に分けて街割りした。つまり大内裏の南門である朱雀門は、羅生門と正対しているはずだが、現在の地図で見ると御所の位置が、大きく東にズレている。

これは南北朝時代に、勢力争いによって天皇家が南北に分裂したことに起因する。それまでの御所は、まさに定番通りの位置にあったのだが、新たに作られた北朝方の御所は、南北朝以前の天皇家の別邸だった土御門東洞院殿という場所に作られた。これが現在の御所である。

実はこの御所である土御門東洞院は、晴明が残した秘術によって選ばれたと考えられる。それが「天心十道定穴法」と言う秘術だ。これは、もともと東西南北に高い山が対称にあるとき、それを結ぶ交点に大極殿(天皇や皇帝の居所)を置くと、その都は繁栄すると考えられた方術である。

確かに、江戸時代初期に盛んに製作された古地図の一枚である山城州大絵図と、現在の京都市街図を照らしあわせ検証してみると、玄武—朱雀、青龍—白虎を結ぶ交点の位置が、土御門東洞院の御所の禁裏の場所に一致する。まさに四神相応の地に、天心十道を取り入れた配置となっているのだ。

この天心十道定穴法は、もともとの平安京の大内裏の位置では、交点からズレていて使えない。晴明亡き後、350年後の南北朝時代にも、晴明の残した『三国相伝陰陽輨轄簠簋内伝金烏玉兎集』の呪法が駆使されていたと考えられる。

このように中国風水と日本独自の風水、そして晴明の呪法によって守られた京都だが、実はもうひとつ、晴明の強力な呪法が併せて使われていたと考えられる。次回は、平清盛も使ったと言われる、京都の守りを更に固めるパワースポットを使った呪法についてご紹介しよう。

2017年 02月21日 11時06分