新生活にふさわしい、家具選びとは

初めてのひとり暮らし。家具を購入するのはワクワクもするものだが、金額は?どんなものを選んだら?など、気になる事も多い初めてのひとり暮らし。家具を購入するのはワクワクもするものだが、金額は?どんなものを選んだら?など、気になる事も多い

この春から新たな生活を始めようとする、新入学生や新社会人にとって欠かせないひとつが家具探し。初めての一人暮らしとなると、予算や購入方法などで戸惑う人も多いだろう。新生活に相応しい家具選びのポイントとは。

夢と希望が膨らむ新生活だが、生活の基盤ができるまでは家賃や初期費用はできるだけ安くおさえたいところ。特に、学生や新社会人は卒業後や入社後、すぐに住み替える可能性があるので比較的安い家具を探すと良い。ただし、あまりにも安い家具だとすぐに壊れたり不備が生じたりする場合もあるので、家具の相場を調べておく必要がある。ひとり暮らしに必要な最低限の予算は50~70万円程度。内訳として、賃貸の初期費用が40万円程度。※東京都内のワンルームマンションを借りるとして、家賃を7万円で計算(敷金、礼金、仲介手数料、前家賃、引越し費用、鍵交換代、保険代等を含む)。その他、生活必需品に必要な費用が20万円程度と言われている(洗濯機、冷蔵庫、掃除機、炊飯器、テーブル、ベッド、収納類)。全ての費用を考慮した上で、家具に充てられる予算は決まってくるだろう。

今回は、新生活に向けてすっきり暮らすための、今からできる通販家具の活用法を見ていく。

通販家具でチェックしておきたいポイント

部屋は決めたものの、家具に関しては何から買い揃えていいのか分からない人も多いはず。
まず、ひとり暮らしにちょうど良いサイズを知ることで無駄な出費をおさえることができる。例えば、間取りを収納スペースが少ないワンルームや1Kに決めたとする。この場合、部屋がモノ置き場とならないよう、収納ボックスや収納棚から選ぶと良い。ある程度スペースが確保できれば、ベッドやその他の家具を配置しやすくなる。どのサイズのベッドや家具が置けるかチェックしておこう。6畳程度の部屋でも配置によって、充分な家具を置けるはずだ。

実際に家具を選んでみよう。具体的に注意したいのが色、素材、サイズである。   
色は、ネットで加工された画像と実際に見るのとでは、照明や明るさで多少違ってくる。実際にお店で下見ができるモノであれば安心だが、そうでないモノは色の明記がきちんとされている、ネットショップを選びたい。同じ白でも純白とアイボリー、グレイみがかった白とでは、モノと部屋の印象がだいぶ変わってくる。
また、写真やショールームで見たときは大丈夫だと思っていたのに、実際に届いたら部屋や玄関に入らない…ということがないように、サイズもしっかりチェックしよう。通常、家具のサイズは、W(横幅)xD(奥行き)xH(高さ)で表されるのが一般的。この3つはしっかりと書き留めておこう。

保証制度やトラブル時の連絡先も要チェック。店舗をもつ店の通販なら、直接問い合わせが可能だが、現在は店舗を持たないネットショップが多い。届いた直後に部品がない、傷がある、壊れてしまったというケースも少なくはないので、事前に保証制度と連絡先を確認しておく必要がある。電話連絡がつくかどうか、問題があるとしたらどう対応してくれるのかも確かめておきたい。

ただ買うだけじゃない、様々な特典を利用して、快適な空間づくりを目指す

ファッションも食事もファスト化が進み、いい物をできるだけ安く買いたいという、賢い消費者が増えてきている。ネットの普及が進み、家で買い物ができるようになった為、特に大型家具を通販で購入する人が多いようだ。

通販家具の一番の魅力は、「豊富な品揃え」と「利便性」そして「安さ」だろう。注文が入ってから買い付けるシステムだからこそ、実現可能な品揃えと低価格設定は、消費者にとって便利な仕組みだ。さらに、送料無料で古い家具の下取りを行っているネットショップを利用するという手もある。大型家具のは処分するのにシングルベッドだと1000~2000円、ソファだと600~2000円かかる。運ぶのも大変は大型家具を、下取りしてくれるのは有難いサービスだ。

さらに、ポイントシステムもある。ニトリや楽天などネットショップで買い物をすると、100円につき1ポイントが発行され、100ポイント貯まると、100円分として店舗やネットショップで利用できる。

初めてのひとり暮らしだと、将来的には広い部屋に住み替えるタイミングで、家具を新しくする可能性もある。飽きたらどうしようか、ずっと使えるモノかどうかと考えすぎず、家具選びそのものを楽しいんでほしい。なにか一つ、お気に入りのアイテムを見つけていくと、そこから理想の住まいづくりのイメージは広がっていく。

2014年 01月17日 14時48分