窓や庭の計画は通りからの視線に注意する

大きな窓をとる場合は外からの視線に注意しよう大きな窓をとる場合は外からの視線に注意しよう

マイホームの間取りを考えるとき、誰もが窓が大きい明るく開放的な間取りにしたいと考える。しかし、近隣の目や通りを歩く人の視線を考慮すると、気をつけるべきポイントがいくつかある。

人口密度の高い都会や、郊外でも人通りの多い場所にマイホームを建てる場合、窓の取り方や庭の配置には十分に気をつける必要がある。陽当たりという点では良い位置にある窓でも、外からの視線が気になってカーテンを開けられないようでは意味がない。庭も、賑やかな通り沿いにあるより静かな位置にある方が落ち着くし使いやすい。間取りを考える際には道路や近隣の住宅の様子も考慮して考えると良い。
案外間取りが難しくなりがちなのが、南側に道路がある土地である。間取りの上では南側に窓や庭を配置したいところだが、人通りの多い場所に建つ場合は人目が気になってしまう。そのため、マイホーム計画の最後の段階になって植栽やフェンスで目隠しをすることになりがちである。逆に、北側に道路がある土地の場合は、通りの反対の南側に窓と庭を配置することができるので、明るく開放的な間取りにしやすい。
マイホーム用の土地の購入を検討する際は、ある程度間取り案を固めてから決めると間違いがないだろう。

中庭のある間取りなら光と風を取り入れやすい

伝統的な京都の町家伝統的な京都の町家

住宅が密集するエリアにマイホームを建てる場合は、窓の取り方に工夫が必要である。いくら窓を大きくとっても配置が悪ければ、光が入らないだけでなく、近隣から丸見えということになってしまう。
そこで有効なのが中庭をとるという方法である。京都の伝統的な町家の例が有名であるが、外から中の様子が伺えないくらい、通り沿いの開口部は最低限にする。逆に、中にある庭に向かって開口部を大きくとり、光や風はそこから取り込む。通りからの視線を遮りつつ、明るく開放的な間取りにすることができる。
中庭のある間取りは海外の建物にも見られ、リビングの延長として家族や友人と寛ぐのに良い空間となる。
中庭をとることが実際には難しい場合は、バルコニーや坪庭など、小さくても良いので外部とつながる空間を取り入れてみると良い。また、天窓や吹抜けなども通常の窓の代わりに明るさを取り入れる方法として有効である。
マイホーム計画が進んだ段階では、隣の家の窓の位置なども確認して、窓やドアの位置が重ならないように調整する。隣の家だけでなく、少し離れた家から見下ろす位置にある窓も案外視線が気になるものなので注意しよう。細かいことであるが、少し気をつけるだけで住み心地に差が出る。

縁側や土間の空間に人を招き入れる

近隣の人との交流スペースを計画してみよう近隣の人との交流スペースを計画してみよう

ここまでは外部からの視線を遮る方法について述べたが、逆に家の中に人を招き入れる空間を意識して作るのも面白い。
例えば、日本の昔ながらの家では縁側がある。近隣の人との付き合いが多い地域に住む場合には、わざわざ家に上がってもらわずとも人と交流しやすいため、通り沿いに縁側のような空間を設けることがある。現代風の家の場合は、ウッドデッキやテラスなどでも良い。
面積的に余裕がない場合は、通り沿いのちょっとした空間に植木を置いてみたり、テーブルと椅子のセットを置いたりしてみると会話のきっかけになる。通りに沿った空間はプライベートな空間であると同時に、道行く人を楽しませる要素もあるので、美しく楽しい雰囲気が出るようにしたい。
人を招き入れる空間としては、玄関の部分を拡張して土間を広くとる例もある。玄関はお客様を招いた際に最初に目に入る部分なので、広々としていると家の印象が良くなる。広さの度合いによっては、ちょっと座って話せるように椅子を置いたり、陶芸などの趣味のものを飾っておいたりする例もある。靴を履いたまま上がれるので、水を使ったり土がつくようなものを置いたりするのに便利である。

マンションの間取りと違って、一戸建ての間取りの計画では公共空間とプライベート空間の区切りかたやつなぎ方が難しく、注意する必要がある。しかし、工夫次第で面白い空間にすることもできるので、色々なアイデアを検討して楽しみながら間取りを考えたい。

2014年 06月22日 13時45分