ステキなお家がいっぱい!住宅展示場を見に行った

ワクワク!モデルルームを見に行ったワクワク!モデルルームを見に行った

2009年に「マンガはじめて家を建てました!」(ダイヤモンド社)という、自分の体験談プラス家づくり情報を盛り込んだ本を描いた。
家づくりの基本的な知識と、私のすったもんだの体験を面白おかしく描いたマンガ書籍だ。
そこでこのコラムでは、今家づくりを考えているみなさんの役に立ったり立たなかったりする情報を、楽しくお伝えしていきたいと思う。

さて今回のタイトル
【住宅展示場の歩き方①】私の体験談:一般庶民は客ではないと思え? だが、
いやですよね。人の気持ちを逆なでするようなこのタイトル。
いわゆる「釣り」と思う方もいらっしゃるかもしれない。(ネット用語で嘘や大げさな表現のタイトルをつけ注目させること)

でも、そうではなくて、これは私の実体験だ。お客さんあっての住宅メーカーだとは思うが、そうではない営業さんも、中にはいらっしゃるようだ。
これは、私が本を描くきっかけになったエピソードなので、ぜひご紹介したいと思う。

当時、私とダンナさんが住んでいたのは、東京都杉並区。
アパートの近くには、ステキな住宅展示場がある。
千葉県の私の実家を「二世帯に建て替えない?(母談)」なんて話がでていたので、じゃあさっそく住宅展示場でも見に行こうよ、とフラフラ出かけて行った。

住宅展示場にはステキなモデルルームがたくさん。
「まあ~このアイランドキッチン、ステキ!」
「わあ~この吹き抜け開放的~~!」
ほんとにこんなステキな家が建つのかしら?私たちにも建てられるのかしら?
なんて気持ちが、いい具合にふくらんできたところで、
以前からカッコいいなー、と思っていた住宅メーカーのモデルルームに入ったのだ。

突然、手からひったくられた作品集

○クソングレイシーとグレィッシュなお家○クソングレイシーとグレィッシュなお家

この住宅メーカーは、外観がグレイシーでとってもかっこいいのだ。
いや、グレイシーはブラジルの柔術家一族のことだ。違った、グレイッシュだ。
外観がグレイッシュでとってもかっこいいのだ。

部屋の中のインテリアもとてもステキ。
ほお~ほお~とため息をつきながら、きれいなお部屋を見て回るのはなんて楽しいのかしら。ふと見ると、机の上に「ししゃもホーム(仮名)作品集」という写真集が置いてある。どれどれ、せっかくだから見せてもらおう。ページをめくると、これまたすごいステキなお家がたくさん。
しかも、どれもとても大きくて、めちゃくちゃ豪華だ。

「わあー、見てみてすごい家」
「うわ、どれだけでかいのこの家」
ダンナさんと私が、またまたため息まじりに眺めていると、向こうからスーツ姿の男の人がツカツカとこちらに近づいてきた。

バチン!
ササッ!!

私たちが見ていた「ししゃもホーム作品集」を素早く閉じて、引ったくったのだ。

ひっ‐たく・る
人の持っている物をつかみとり、無理に奪う。(goo辞書参照)

思わず確認のために、ひったくるの意味を調べてしまったが、やはり正しかった。
まさにあの行動は「ひったくる」態度そのものだったのだ。突然のことに私たちはびっくり。
「あ、すみません。見てはいけないものでしたか?」

あなたたちには関係のない家

あからさまな侮蔑の表情あからさまな侮蔑の表情

「いいえ、かまいませんが、これは億ですから、お客様の参考にはなりませんよ?この作品集の家は、コンペ用に作られた贅沢な家ばかりなんです。何億もするんです。」

明らかに100%、私たちを見下している態度だった。つまり、一般庶民がこんな豪華な家見てどうすんの。なんの参考にもならないでしょう、つくれないんだから。ということだ。

うむ。確かに私たちはそんなにお金を持っていないし、贅沢な家などつくれるわけがない。
そりゃあまったくその通りだけども、だけどね、あんたのその態度はどうなんだ。

私:「確かに贅沢な家は私たちには無理ですけど、きれいなデザインの家を見るのが
なんかいけませんか?」

この人だって、営業マンなんだから、ちょっとは「いや、すみません」みたいな態度になるかと思ったが、ぜんぜん違った。
顔をちょっと傾けて、見下げるように私を見て
「奥様はわかっていらっしゃらないようですね。これはコンペ用につくられた贅沢な住宅で…」と、同じ説明を最初から繰り返したのだ。

これは言われた奥様(私)切れるでしょう。切れますよ。切れちゃうよ。

この後、私は著書の中でポケットに忍ばせたバタフライナイフを取り出し、
「表に出ろ、この野郎!のどもと掻っ切ってやる!」
と暴れるのですが、そこはそれ、マンガ的な演出とご理解いただけますでしょうか。

ま、心の中ではヤツの鼻にパンチをくらわせていたのだが。

こんなことはそうそうあることじゃない

こっそりシロアリを放ってやろうかと思っていた私こっそりシロアリを放ってやろうかと思っていた私

その住宅メーカーは、特別に高価なお家をつくっている会社ではない。

なんであの時、あのスーツ野郎があんな態度でからんできたのか、全く想像がつかないのだが、
“私たちと顔を合わせる前に、すごい嫌なことがあって、とにかく誰でもいいから当り散らしたかった”
というのが正解かもしれないなあ、と今では思うのだ。だって、いつもあの人があんな態度だったら、絶対会社をクビになるもんね。そんな営業雇うわけない。

でもまあ、見ず知らずの人にあんなに嫌な気持ちにさせられるというのも、そうそうあることじゃない。あの日の夜は、腹が立って眠れなかった。
腹が立って眠れない、という経験も初めてだった。

それでも結果的にマンガのネタになったし、今回もこうしてコラムを書かせていただいているので、それはそれでよかったのかな、と思う。しばらくの間、あのモデルルームにこっそりシロアリを放ってやろうかと思っていた。実現できなくてちょっと残念だ。

というわけで、私たちの夫婦の住宅展示場デビューは、こんなふうに苦々しいものだった。
このあと話を伺った住宅メーカーは、どこもちゃんと親切だったので、ほっとしたけどね。
わたしなりに、住宅展示場に行くときの注意点をまとめてみた。ぜひご参考に!

・イライラしてる営業には近づかない
・作品集をひったくられないように気を付ける
・ポケットにナイフを忍ばせない

さて次回は…

ほっけハウス(仮名)の営業さんほっけハウス(仮名)の営業さん

次回、若くて一生懸命な住宅メーカーの営業さんが現れた!ハイ!ハイ!と返事がよく、うちの母も気に入ったみたい。
さあ、契約に進むのでしょうか?

2013年 09月17日 14時54分