main
住宅ローン控除

「住宅を購入した際には、減税を受けられる!」というような話を聞いたことがあると思います。

その減税が「住宅ローン控除(減税)」です。一定要件の住宅ローンを借りて住宅を購入すると、以後10年間、所得税、場合によっては住民税までが減額される制度です。

控除額は、最高で年末時点の借入残高の1%(長期優良住宅は1.2%)です。例えば、年末借入残高が3,000万円の場合だと、所得税が30万円減額されることになります。所得税で控除しきれない部分は住民税から控除されます(上限あり)。

この制度は、所得税を払っていれば、その金額分が戻ってくる還付制度なので、住宅購入者にとっては大変お得な制度です。

ただし、この制度は景気対策としての色彩の強いため、期限付きの制度となっていて、特に景気に不透明感のある時期には拡充される傾向にあります。2010年末までに住宅を購入して入居すれば最大500万円の控除が受けられますが、2011年以後は徐々に控除額が縮小され、2014年以降は当制度が継続されるかどうかは未定です。住宅の購入希望のある方は、このタイミングでの住宅購入を検討してみても良いのではないでしょうか。

還付金額は、借入額や所得税額によって決まるため、最大の500万円は受けられない方であっても、例えば200万円の減税を受けられたとして、それを10年後にまとめて繰上げ返済したとすると、当初ローン額2500万円、金利3%で利息負担が200万円程度減少します。

減税資金をうまく活用することで、直接の減税額以上に、ライフプランに余裕を生み出すことも可能となります。

入居年 住宅種別 年度末借入残高の限度額 控除率 最大控除額
2010年 一般住宅 5,000万円 1.0% 500万円
長期優良住宅 5,000万円 1.2% 600万円
2011年 一般住宅 4,000万円 1.0% 400万円
長期優良住宅 5,000万円 1.2% 600万円
2012年 一般住宅 3,000万円 1.0% 300万円
長期優良住宅 4,000万円 1.0% 400万円
2013年 一般住宅 2,000万円 1.0% 200万円
長期優良住宅 3,000万円 1.0% 300万円

<< 前のコラム:直系尊属(親など)からの贈与の非課税枠が拡充
>> 次のコラム:長期優良住宅の普及に向けた優遇制度

関連記事

入居時期で変わる「住宅ローン控除」
マイホーム購入時のうれしい特例「住宅借入金等特別控除」ってなに?
最新のローン減税について
長期優良住宅を建てると税金控除のメリットがたくさん!逆にデメリットは?
入居するなら何月がベスト?お勧めタイミングは2回ある!【住まいの買い時調査1】