新築も中古もローンは一緒

中古住宅を購入する際、住宅ローンはどのようなものが利用できるのでしょうか。
「新築住宅とはまた別の住宅ローンが用意されているのでは?」と思っている方もいるかもしれませんが、一般的に、中古住宅専用の特別な住宅ローンがあるわけではありません。新築物件と同じく、それぞれの金融機関が用意している住宅ローンを利用することができます。

下は、ある銀行の住宅ローンの概要(一部抜粋)です。まずは、この内容を見てみましょう。

利用できる人
  • ・年齢が借入時に20歳以上70歳の誕生日まで、完済時に80歳の誕生日までで、保証会社の保証を受けられる人
  • ・団体信用生命保険に加入が認められる人
資金使途
  • ・本人が居住する住宅の建築・購入・増改築資金
  • ・住宅ローンの借替資金・借り替えにともなう諸費用
  •  ※購入物件の所在地や面積等により利用できない場合がある
  •  ※不動産は、建築基準法およびその他法令の定めに合致していることが必要
  • ・住み替えの際の既存住宅売却にともなう既存住宅ローンの返済資金
  •  ※既存住宅売却価格と既存住宅ローン残高の差額のみが対象
借入金額
  • ・30万円以上1億円以内(10万円単位)
  •  ※年収による制限あり
  •  ※保証会社の担保評価等により制限される場合がある
借入期間
  • 2年以上35年以内(1年単位)※中古物件の場合等は一部制限がある

利用できる人の条件は、この銀行の場合で「借入時に20歳以上70歳の誕生日まで、完済時に80歳の誕生日まで」となっていて、保証会社の保証を受けられることと、団体信用生命保険に加入できることが条件に掲げられています。これらは新築物件にも共通します。

また、資金使途については、「自分が住む住宅の建築・購入・増改築資金と諸費用」とされています。
所在地や面積等によっては利用できないことがある点や、建築基準法およびその他法令の定めに合致していなければ利用できない、といった点は、新築物件でも同様です。

中古は「借入期間」に要注意!

借入金額については、この銀行の場合、「30万円以上1億円以内」となっていますが、保証会社の担保評価等によって制限される場合もあるという点は、多くの金融機関に共通します。
やはり、新築物件・中古物件ともに共通する内容です。

次に、借入期間については、この銀行の場合で「2年以上35年以内」となっていますが、注釈にもあるように、中古物件の場合は一部制限がある場合もあります。
中古であるため、建物の耐久性が考慮され、そのため借入期間が短くなる可能性もあることを頭に入れておきましょう。

中古住宅で住宅ローンを利用する際には、最後に挙げた借入期間に注意が必要です。
ローンの概要などを見て、35年で借りられると思っていたところが、実際には25年でしか借りられず、想定していた返済額をオーバーして家計の重荷になってしまう……といった事態も起こりえます。


例えばですが、3,000万円を全期間固定3.5%金利で借りた場合、返済期間
35年なら毎月123,987円の返済ですが、
25年返済だと毎月150,187円になってしまいます。

キャプチャ1
適合証明手続きをする!

中古住宅で住宅ローンを借りる際には、金融機関にその物件で利用できる返済年数を確認したうえで、わが家の家計で返済できるかどうかを検討することが必要です。

なお、フラット35も中古物件の購入で利用できる住宅ローンの一つですが、原則、フラット35を利用するには適合証明手続きが必要です。
しかし、一部のマンションではこれが不要になっていて、利用しやすくなっているものもあります。
(中古マンションらくらくフラット35。詳しくは中古住宅購入と「フラット35」で触れていきます)


適合証明手続きをする!※中古住宅購入の場合

キャプチャ2
適合証明手続きをする!

中古物件でも、不動産業者が提携ローンを用意していることが少なくありません。提携ローンにも有利なものは多いですが、他にもっと有利な住宅ローンがないか、いくつかの住宅ローンをチェックしてから利用する住宅ローンを決めると、納得のローン選びができますね。

その他の記事もチェック
>中古住宅購入と「フラット35」
>リフォーム費用も住宅ローンが利用できる
>自宅を売って住み替える場合の住宅ローン
>中古住宅購入にかかる諸費用 はじめに
>中古住宅購入にかかる諸費用 契約~引渡し
>中古住宅購入にかかる諸費用 融資実行~マイホーム取得
>中古住宅購入にかかる税金