POINT1---畳・床・壁・天井

畳・フローリングなどは、掃除機をかけた後固く絞った雑巾で拭きましょう。場合によってはつや出し用の洗剤などを使ってもよいでしょう。ただ、説明を良く読んで、かえってはげることなどのないように気をつけて!

壁や床などの小さなキズ・穴などは市販の補修材で、かなりキレイになります。こういう細かいキズは、結構引き渡し時のチェック対象になるようですので、出来るだけ修繕しておきましょう。タバコを吸う場合のヤニなどはなかなか取れませんが、それ以外の積もり積もった汚れは、根気良く落とせば意外なほど落ちるものです。

POINT2---キッチン

キッチンは、言わずと知れた最大の難関です。油汚れがひどいので、心して大掃除しましょう。年末の大掃除の倍くらい時間をかけるつもりでもいいでしょう。油でべとべとになったものは、外せる物は全て外してつけ置きを。また、小麦粉を振りかけてこすると油が粉になじんでポロポロととれてきますので、これもオススメです。最後はからぶきで、ピカピカに仕上げましょう。

POINT3---トイレ・お風呂

これも汚れのひどいものにはつけ置きが有効です。洗剤をかけてから暫く放置しておきましょう。浴槽は材質によって洗剤が異なってきますので、洗剤の説明をよく読んでから利用しましょう。シャワーカーテン他のカビ、水道管のつまりなども徹底的にチェック。

また、複数の洗剤の使用や、つまった髪の毛などを溶かす洗剤は非常に強いので取り扱いにも充分な注意が必要です。掃除後は換気も充分にしておきましょう。

POINT4---窓ガラス

ガラスの汚れには、新聞紙が大活躍します。洗剤を直接つけてから、新聞紙で丁寧にこすると見違えるほどキレイになります。窓ガラスなども外せる物は外して大々的に汚れを取りましょう。取り外せない物については、市販のガラスの両面を拭ける道具などを利用するのも手です。また、桟の部分も汚れていがちですので、使用済みの割り箸や歯ブラシなどを利用して、丁寧に汚れを取りましょう。

POINT5---家具の後ろなど

普段は手が届かない部分は、当然かなり埃がたまっています。引越し当日に搬出が済んだところから、最後の掃除にとりかかりましょう。この際、思わぬ紛失物がタンスの裏から出てきた!ということもあり得ますので、いきなり掃除機、は避けた方が無難かも知れません。

【お引越しマニュアル】

<ステップ1:引越しの流れをつかむ>
1ヶ月前
2~3週間前
1~2週間前
前日
当日
引越し後

<ステップ2:引越し方法を決める>
どう引越すか
見積もりをとる

<ステップ3:荷造りのツボ>
8つの荷作りのツボ

<ステップ4:しっかり掃除!>
旧居の掃除
新居の掃除

<ステップ5:チェックリスト一覧>
家財道具チェックリスト
荷造り資材チェックリスト
諸手続きチェックリスト