3つの引越し方法

引越しには大まかに言って次の三つの方法があります。

1.自力・知人の協力で。
2.荷造りなどは自分で。搬送のみ業者へ。
3.全て業者におまかせのパック

どの方法を選ぶかで、当然かなりコストも方法も異なってきます。自分に一番合った方法をよく吟味し、基本方針を早めに決めましょう。

ワンルームや1DK等、一人暮らしなどで荷物もそれほど多くない場合、近場の引越しの場合などでしたら、自力での引越しも充分可能です。

この場合、かかる費用は、
「レンタカー代+ガソリン代+手伝ってくれた人への謝礼+諸経費」
となります。状況が許すなら、安く上げるにはもってこいの方法といえるでしょう。
ただこの場合、人数が多くなるとそれだけお礼に出費がかさみ、かえって割高だった… ということも有り得ますから気をつけて。それから、「本当に自分に出来るのか?」という点を良く考えて、慎重に検討しましょう。自力でやるにはやはりそれなりの努力・労力が必要となってきます。

また、引越し会社の「単身パック」や赤帽などを利用する手もあります。しかし、単身者でも高さのある家財道具(たとえば3ドアの冷蔵庫など)があると、赤帽の小さなトラックでは無理な場合が多いようです。

対して、ご家族での引越しや、荷物が多い場合、引越し先が遠方の場合などですと、やはりプロに任せてしまう方が安心です。当然のことですが、引越し会社の人は、やはりプロ。荷物の搬出・搬入などのスピードには目をみはるものがありますし、トラックやバンに上手に荷物を詰めていくだけでも、素人には難しいものです。ですから大掛かりな引越しになる場合には、少なくとも搬出から移送、搬入まではプロの手を借りた方が無難でしょう。

また、万が一の場合の補償などもありますので、高価な家具や品物を任せてもそれだけ安心です。
どちらにしても、充分に検討して無理のない引越しをすすめたいものです。

関連コラム 引越しにまつわる話
友人に頼むのは本当にお得!?

【お引越しマニュアル】

<ステップ1:引越しの流れをつかむ>
1ヶ月前
2~3週間前
1~2週間前
前日
当日
引越し後

<ステップ2:引越し方法を決める>
どう引越すか
見積もりをとる

<ステップ3:荷造りのツボ>
8つの荷作りのツボ

<ステップ4:しっかり掃除!>
旧居の掃除
新居の掃除

<ステップ5:チェックリスト一覧>
家財道具チェックリスト
荷造り資材チェックリスト
諸手続きチェックリスト