「メゾネットタイプ」とは、いったいどんな間取り?

メゾネットタイプとは、住戸内が2階層(以上)に分かれているもの(複層住戸)を指します。簡単に言えば「内階段のあるマンション、アパート」ということです。集合住宅において、通常の「フラットタイプ」に対する用語として使われるため、一戸建て住宅はメゾネットに該当しません。また、賃貸アパートでよく見られる「ロフト」とも異なり、マンションやアパートでありながら、2階建ての一戸建て住宅のような構造を取り入れたものです。供給数の割合はさほど多くないため、物件としての希少性があるでしょう。さらに、マンションでは1棟すべてをメゾネットタイプとする事例は少なく、通常のフラットタイプを中心としたプランの中で、例えば最上階とその下階など、特定のフロアだけをメゾネットタイプとすることが多いようです。

knowhow_008
メゾネット

「メゾネットタイプ」の種類は?

マンションでメゾネットタイプの住戸を上下に重ねるケースでは、例えば4階部分と5階部分で1住戸、6階部分と7階部分で1住戸のようにする場合と、4階部分と5階部分の半分で1住戸、5階部分の残り半分と6階部分で1住戸のようにする場合とがあります。後者では、玄関の隣り合った住戸が上下に分かれて住むことになるため、慣れないとちょっと不思議な感覚になるかもしれません。また、複雑な形状のマンションでは、上層または下層の一部分のみがメゾネット形式となっている場合もあります。階段を上がって(あるいは下がって)みたら4畳半あるいは6畳の一部屋だけということもあるようです。さらに賃貸アパートでは、一戸建て住宅を縦半分に分けたような形状のものを「メゾネット」と表記している場合もあります。「テラスハウス」あるいは「タウンハウス」と同じ形状でありながら、その使い分けが明確ではないケースも見受けられます。

「メゾネットタイプ」のメリットとデメリット

マンションの良さと一戸建ての良さをミックスしたようなメゾネットタイプの住戸ですが、そのメリットとデメリットをしっかりと理解しておくことが大切です。まずメゾネットタイプのメリットとして、開放的な空間を作りやすく、2層にバルコニーがあるため通風や採光でも有利になる点が挙げられます。玄関のない階では共用の廊下も必要ないため、南北あるいは東西の両面にバルコニーを設置している例も多いでしょう。また、小さな子供がいる家庭では騒音の発生を気にして「マンションの1階を選ぶ」というケースもありますが、メゾネットの上階に子供部屋を設ければその心配もありません。玄関のない階に寝室を設けるなど、プライベート空間の確保も容易です。

一方、メゾネットタイプのデメリットとしては、室内に階段を設けるために有効面積が減ってしまうこと、バリアフリー性が確保しづらいこと、家事動線が長くなりがちなことなどが挙げられます。階段があることによって、転落などによる家庭内事故の危険性も生じます。また、階段回りの吹き抜け部分では窓の清掃や電球の交換などが容易にできるかどうかにも注意しなければなりません。リビングダイニングと階段スペースが一体になっていれば、冷暖房効率が悪くなることもあるでしょう。ただし、これらは通常のフラットタイプのマンションと比較したものであり、デメリットの多くは、一戸建て住宅なら一般的なものだと考えることもできます。

関連記事

タウンハウスとテラスハウス、どう違う?~テラスハウスの特徴やメリット・デメリット
【トラブルなく賃貸物件を借りるには1】こんな広告に注意!~定期借家編
DIY可の賃貸物件のときに注意したいこととは?探し方から契約の仕方
武蔵小杉、横浜、川崎…は?神奈川県の駅、検索伸び率ランキング~2015年度賃貸編
結婚しやすい間取りとしにくい間取りがある?【同棲実態調査①】