3019_prof
Kさん夫妻

プロフィール
名前:Kさん夫妻
購入:2006年5月
エリア:東京都葛飾区→東京都江東区
家族構成:夫35歳、妻33歳
間取り・総面積:2LDK・74m2
購入価格:4,210万円
頭金:400万円
ローン返済年数:35年
ローン返済額(月):14万円

いつかはマイホーム購入を。初めて行ったモデルルームに魅せられました。

3019_ph2
眺望

2006年5月、江東区内のタワーマンションを購入したKさん夫妻。それまでは奥さんの実家で暮らしていたため、いつかは自分たちの家を持つのが夢だったといいます。「引越しをするなら、賃貸より購入のほうが現実的でしたね。賃貸だと毎月の家賃がもったいないという感覚があったし、いつかはマイホームを持つのが目標というか、夢でしたね」とご主人。具体的な購入のきっかけは、ふらりと立ち寄ったモデルルームだったといいます。「会社の近くに大きなマンションができたので、参考までに見に行ったんです」。実際の間取りを再現した模型や、コンセプトを伝える映像にすっかり魅せられてしまったと振り返ります。それから、具体的にマンションを探し始めたKさん。インターネットやフリーペーパー、折り込みチラシなどを中心に探しました。

希望はたくさん。でも、理想どおりのマンションが見つかったんです。

3019_ph3
キッチン

物件を探すにあたり、Kさんが希望した条件がいくつかありました。タワーマンションで、眺望の良い20階以上。広さは70平米以上でリビングは16畳ほど。南向きの角部屋で、駅から5分以内、通勤先から近いこと、そして、4000万円以内。「わがままですよね(笑)。あわよくば、すべてを満たせるものがあればいいなという気持ちで探しましたね」。そうして、勝どきや南千住、豊洲などのモデルルームを見るうちに、巡り合ったのが江東区のマンションでした。「4000万円を少しだけオーバーしてしまったことと、最寄り駅から徒歩7分ということを除けば、理想どおりだったんです」とご主人。また、希望していた南向きは、目の前に別のマンションが建設される可能性があったため、その心配が少ない北東の部屋を選びました。高層階のため、日当たりも思ったより気にならないと奥さんはいいます。

部屋と階数を選択。欲しい気持ちが高まって、先着順の部屋に決めました。

Kさんが購入したマンションは大規模だったため、期分け販売をしていて、抽選と先着順のどちらもあったそうです。「最初は23階の部屋を勧められて、間取りも気に入ったんですが、その部屋は抽選だったんです。それで、同じ間取りで少し上の階の部屋は先着順だと言われて。多少価格は上がったんですが、すぐに欲しい!という気持ちが強かったので決めました」。もし抽選に外れてしまって振り出しに戻るなら、少しくらい高くてもいいかなと思ったんです、とご主人。結果的には、より良い眺望を望めて大満足です。

部屋のタイプや間取り、壁や床の色まで。隅々まで自由に選べました。

選んだ部屋の間取りはもともと3LDKでしたが、広々としたリビングが希望だったため、2LDKに変更。また、キッチンの吊り戸棚を外し、床と壁の色も希望のものにするなど、第一期で購入したからこそ、細かな仕様を自分好みにすることができました。吊り戸棚を外したキッチンは、開放的でとても使いやすそうです。「キッチンから洗濯機置き場やお風呂まで、水周りが一直線なんです。廊下に出なくても扉一枚で出入りできるので、家事の動線が滑らかでいいと思いましたね」と奥さん。実際に暮らし始めてから、その便利さを実感しているそうです。その一方、オプションは特に利用しなかったそう。「どれも高かったですね。食洗機は迷ったんですが、内蔵式だと修理するときに大変そうなので、市販のものを置くことにしました」。

ネットやフリーペーパーは参考程度。周辺環境については、自分の足で調べました。

物件の検索ツールとして、インターネットやフリーペーパーを利用したけれど、あくまでも取っ掛かりだとご主人は言います。「現地に足を運んでこそだと思いますね。気になった物件に関しては、営業マンに周辺環境を聞いたり、実際に近隣のお店で買い物をしたり、最寄り駅まで歩いて時間を計ったりしました」。また、騒音や臭いについてもチェックしたそう。人任せにせず、自分の足で、目で、確認をすることが需要だとKさん。そこまでしたからこそ、納得して購入することができたと振り返ります。

3019_ph1
リビング

頭金以外にもお金がたくさん必要でした。できるだけ多く用意したほうがいいですね。

購入の手続きを進めたKさん。用意していた頭金のほかに、思いのほか現金が掛かったことに驚いたそう。「諸費用が必要なことは知っていたんですが、こんなに掛かるとは思わなかったですね。ほかに、家具や雑貨も新調したので、その代金も含めて余裕を持って用意したほうがいいかもしれません」。また、カーテンも意外と高いんですよね、と奥さん。「規定のサイズより高さがあるので、オーダーしたんです。面積も多いので、結構掛かりましたね(笑)」。現金はあればあるほど有利だと思うとKさん。余裕を持った準備が必要なようです。

編集後記

広々としたリビングは、家具が少なく、すっきりとして心地よい雰囲気です。週末には、近所に買い物に行ったり、スポーツクラブに通ったりと、ご夫婦ともに楽しい時間を過ごしているそうです。「これから発展していく街なので、楽しみですね。今でも近隣ですべてが事足りてしまうので、ほとんど出ていないんですけどね(笑)」とご主人。周辺環境も含め、新しい家をとても気に入っているようです。
取材日:2010年3月28日 文:結城歩

<<前へ | 一覧へ戻る | 次へ>>

関連記事

【新築マンション購入のリアル体験談】東京都西東京市・3LDK・4,680万円
【新築マンション購入のリアル体験談】東京都中央区・2LDK・4,150万円
住宅購入時の諸経費や税金
買える物件金額を知りたい! 住宅ローンシミュレーションの方法を学ぼう
【新築分譲マンション連載①】購入物件の選び方解説