3015_prof
Oさん

プロフィール
名前:Oさん
購入:2008年11月
エリア:東京都練馬区→東京都港区
家族構成:一人暮らし・27歳
間取り・総面積:2LDK・73m2
購入価格:2,700万円
頭金:300万円
ローン返済年数:35年
ローン返済額(月):10万円

仕事柄、新築マンションを見る機会が多かったですね。いつかは購入と思っていました。

3015_ph2
室内

2008年11月、港区内のタワーマンションを購入したOさん。もともと、分譲マンションに関わる仕事をしていたため、マンションのモデルルームに足を運ぶことも多かったそうです。「購入というよりは、目を肥やすという目的でしたね。いますぐにというわけではなく、いつかはマイホーム購入というのがモデルルームを訪れる目的でした」。仕事柄、賃貸と分譲マンションのメリット・デメリットについても知識のあったOさん。多くの人が感じるように、「同じ金額を賃貸に払うなら、マンションを購入してローン返済に当てたほうがよい」という意識はあったといいます。実際にモデルルームに足を運ぶうちに、購入したいと思うマンションとの出会いもいくつかありました。ただ、いざ購入ということになると年齢的にまだ早いのではないかという結論になり、具体的な購入までは至らなかったといいます。

好立地低価格で話題のマンション。高倍率だったので、駄目もとで応募してみました。

3015_ph3
室内

そんなOさんが予定よりも早くマンションを購入することになったのは、立地や価格の条件が良い港区内に新しくできたマンションとの出会いでした。「借地権付き物件ながらも、立地や価格が申し分なかったので、業界内でも話題になっていたんです。発売前からかなりの倍率になるだろうという話は聞いていたので、駄目もとで応募してみようと申し込みました」。いくつかの間取りタイプの中からOさんが選んだのは、2LDKの間取りでした。「このマンションは、3LDKの間取りが占める数が多く人気も集中していたようですが、自分はまだ独身なので今の生活に合っている2LDKを選びました」。

転売や賃貸に出す可能性も考慮して、資産価値のある間取りと階数を選択しました。

今の自分の生活を考えるのと同時に、部屋タイプを絞り込むときに考慮したのが将来的に転売や賃貸に出すための間取りや階数でした。「最寄駅が品川なんですね。新幹線も停まるし、大手企業も多いので、転勤者の賃貸需要があると思いました。また、エリア特性を見るとファミリーよりは単身者向けの間取りのほうが資産性が高いと思ったんです」。それに加え、タワーマンションならではのメリットもある部屋を選びたかったとOさんは言います。「高層階でレインボーブリッジがきれいに見える湾岸エリアを向いた部屋にしました。北向きでしたが30階以上の高層階なので、日当たりも問題ないと思いましたね」。

20代でマンションを購入すること不安はありました。でも、トータルで考えて買いどきだと思い決めました。

結果的に、ほかの部屋よりは抽選倍率も低く、見事当選をしたOさんですが、「正直、当たると思っていなかったんです」と振り返ります。当選を喜ぶ傍ら、20代でマンションを購入することに、多少なりとも不安を感じたといいます。「仕事関係の人に相談したりしましたね。ただ、通常の相場に比べてとてもお買い得な物件でしたし、ライフスタイルに合わせて運用していけるというメリットは大きかったです。住宅ローン減税が対象になる時期ということもあり、今こそ買い時だと思い購入に踏み切りました」。

借地権付き物件で低価格。だからこそ、将来の選択肢をいろいろとイメージできました。

それからは、購入までの手続きを進めたOさん。定期借地権付きの物件だったため、通常の新築マンションよりもローン審査が厳しかったそうですが、頭金の用意もあったため、無事に審査も通り購入することができました。「勤続年数や頭金についての条件はしっかりと確認している印象でしたね。借地権については、期間が長かったのでそれほど気にはならなかったです。十分な施設や仕様、セキュリティを完備して低価格を実現していたので、それだけで魅力的でした」。当分の間は自分の住居用として、その後は、生活スタイルに合わせて転売するもよし、賃貸に出すもよし。20代で購入したからこそ、そんな選択肢の広がりをイメージすることができたといいます。

3015_ph1
室内

共用施設はとても便利で頻繁に利用しています。家で過ごすことが楽しくなりましたね。

入居後、共用施設を頻繁に活用しているというOさん。とくに、ゲストルームはとても便利なのだそうです。「家族や親戚がよく泊まりに来るんですが、自分の家は部屋数が少ないので、ゲストルームはとても便利ですね。とくに母親は頻繁に来るので、結果的には親孝行になったかなと思います(笑)」。また、友人を家に招く機会も多くなったのだとか。「もともと人をもてなすことは好きなんですが、以前の賃貸の家は狭かったので、人を呼べるような環境ではなくて。家に来たとしても、"じゃぁ外に食べに行くか"という感じだったんです。でも今は、料理を作って家でワイワイする時間が、とても楽しいですね」。

編集後記

以前よりも断然、家にいる時間が充実したと語るOさん。インテリアや家具にも今まで以上に興味を持ち、家具屋さんに足を運ぶことも多くなったといいます。また、若くしてマンションを購入をしたことで、日々の暮らしや仕事に対する考えにも変化が生まれてきたと振り返ります。「マンション購入=ファミリーと思いがちですが、独身ならではのメリットもあります。無理や勢いだけでは禁物ですが、自分の条件に合った物件との出会いがあれば、購入も現実的だと思いますね」。
取材日:2010年3月25日  文:結城歩

<<前へ | 一覧へ戻る | 次へ>>

関連記事

20代のための不動産購入ワンポイント講座
独身男性に必要な貯金額は? 独身男性の生活ガイド
家賃 or ローン返済 月々10万円の場合、35年間でどうなる?
将来的に買い替えの可能性はある?40代のマンション購入のメリット・デメリット
その年収なら、どんな家に住める?(2) 購入できる物件を年収から試算!