3014_prof
Oさんご家族

プロフィール
名前:Oさんご家族
購入:2009年6月
エリア:東京都葛飾区→東京都足立区
家族構成:夫39歳、妻31歳、息子3歳、息子1歳
間取り・総面積:4LDK・92m2
購入価格:4,080万円
頭金:600万円
ローン返済年数:35年
ローン返済額(月):7.6万円(ボーナス時24.5万円)

転勤で東京へ。借り上げ社宅に住んでいましたが、購入を意識し始めました。

3014_ph2
室内

2009年6月、それまで住んでいた葛飾区を離れ、足立区内に新築マンションを購入したOさん。以前の家はご主人の会社の借り上げ社宅でした。「古くて、狭いし、日当たりも良くなかったんです。二人目の子どもができたこともあって、マイホーム購入を考え始めました」。とは言っても、ご主人は仕事柄転勤が多く、購入後に勤務地が大幅に変わる可能性もあったのだそうです。「夫婦ともに、もともと名古屋の出身なんです。いつかは名古屋に戻るかもしれないので、東京で家を買うのはどうかなと思って迷ったところもあったんです。でも、引越したかったし、自分の年齢を考えたり、住宅ローン減税についてニュースで見聞きしていたので、買いどきだと思い決心しました」。

3つの条件を決めて検索。中古も検討したけれど、やっぱり新築に絞りました。

3014_ph3
室内

転売や賃貸に出すことを考えて、購入の際に決めた条件は、駅まで徒歩10分、駐車場が一戸につき一台分付いていること、現在の勤務地まで30分。その3つでした。さらにはある程度の広さがあることを加えて、インターネットや情報誌をもとに検索し始めました。実際に見に行ったモデルルームは、川崎や葛飾区、足立区、江戸川区など、合計10件以上のモデルルームを見たといいます。新築マンション以外に、中古マンションや中古戸建ても見学したというOさん。「新築にこだわっていたわけじゃないんですが、転売することや賃貸に出すことを考えると、やっぱり新しいほうがいいと思って。結局、新築を選びました」。

初めてのモデルルーム見学。棟内モデルルームのほうが実感が湧きました。

家族そろってモデルルームに足を運んだOさん。一番初めに見に行ったのは、竣工済みの棟内モデルルームでした。「モデルルームに、棟内と棟外の2パターンあることも知らなかったんですが、はじめに見たのが偶然、棟内のものだったんです」。その後、別の物件で棟外のモデルルームも見た結果、棟内のほうが現実的だったそうです。「棟外のものは、オプションだらけで訳が分からなかったですね」と奥さんは笑います。「結局、途中からは棟内モデルルームばかりを見ましたね。すぐに住めるし、生活をイメージできるのがいいと思ったんです。値段の相談もしやすい気がしましたね」とご主人はいいます。

数多く見て見つけた物件。モデルルームとして使用した部屋を購入しました。

毎週末、何かしらのモデルルームを見に行っていたというOさん。ようやく見つけたのは、足立区内にある総戸数700戸以上の大規模マンションでした。「棟内モデルルームのほかに空いている部屋も見せてもらいました。そのひとつが、モデルルームとして使っていた部屋だったんですが、階数と間取りのわりに価格が低く、一目で気に入ったんです」。3つの条件を満たすうえ、92m2のゆったりとした間取り、高層階の眺望に加えて、奥さんが希望していた角部屋だったことも魅力的でした。「壁紙や床の色は選べなかったんですが、そこまでこだわっていなかったので充分でした」。ある程度見ていて、これ以上のものはないだろうと思ったOさん。購入を決めました。

日々の買い物はインターネットでしています。ある程度の妥協も必要ですね。

購入後、オプションで食洗機を入れたというOさん。断然ラクチンになったと奥さんは言います。「小さい子どもが二人いるので洗いものもたくさんあって。ディスポーザーもすごく便利ですね」。その一方、近所にスーパーがないという欠点もあるといいます。「はじめは不便かなと思ったんですが、いまはインターネットで注文できるので玄関先まで重い荷物も持ってきてもらえるんです。あとは、週末に車で買い物することが多いので、思ったより大変ではないですね」。ある程度の妥協というか、仕方ないと割り切ることも必要だと思うんです、と奥さん。譲れない条件をしっかりと絞ることで、それを満たせば、あとは納得できたといいます。

3014_ph1
室内

モデルルームに行くのは面白かったですね。家族みんなで楽しんで探せました。

たくさんのモデルルームに行って、理想の家を見つけたOさん。毎週末、どこかしらのモデルルームへ出掛けるのは、大変ながらも楽しかったと振り返ります。「いろいろ見て、想像力が膨らむのが面白かったですね。子どもがモデルルームの託児所を気に入ったのも良かったですね」。良いマンションと出会うためには、たくさん見たほうがいいとOさんは言います。「ただ、ある程度条件を絞ったほうがいいですね。モデルルームって、ひとつ見るだけでも半日がかりですよね。初めから条件に合わないものを見るのは、やっぱり無駄な時間になってしまいますからね」。

編集後記

新しい暮らしを満喫しているOさん家族。「以前の家に比べて、すべてが快適になりましたね」と奥さん。二人目のお子さんも生まれて、楽しく、賑やかな毎日を過ごしています。たくさんのモデルルームを見て、じっくりと検討したからこそ、納得できる買い物だったとご主人。自分達が住むための条件と、先を考えて住み替えるかもしれないための条件をしっかりと掲げた探し方は、マンション購入を考える人たちの良いお手本になりそうです。
取材日:2010年3月20日 文:結城歩

<<前へ | 一覧へ戻る | 次へ>>

関連記事

30代は一戸建て購入の最初のタイミング。ライフステージも住宅ローンも!
売却する可能性も考えて買うと吉!30代マンション購入のメリット・デメリット
マンション購入後の後悔しないために…。失敗しないためのマンション購入のポイントとは?
新築マンション購入時に注意すべき「築5年」の境界線とは?変化する3つの要因
ちょうど良いと感じやすい広さって?~間取り・不具合編【住まいの購入失敗談4】