3011_prof
Yさんご家族

プロフィール
名前:Yさんご家族
購入:2009年5月
エリア:東京都江戸川区→東京都葛飾区
家族構成:夫30歳、妻28歳、息子2歳
間取り・総面積:3LDK・77.5m2
購入価格:3,300万円
頭金:0万円
ローン返済年数:35年
ローン返済額(月):10万円

購入の時期は特に決めずに。暇を見つけてはネットで検索していましたね。

3011_ph2
室内

広々とした専用庭が印象的なマンションで暮らすYさんご一家。2009年5月、葛飾区内で新築マンションを購入しました。結婚後、江戸川区内の賃貸マンションで暮らしていたYさん。いつかはマイホーム購入と思いつつ、引越しや購入の時期は特に決めていなかったといいます。「焦ったり妥協するのが嫌だったので、良い物件があれば、という感じでしたね。暇を見つけてはネットで物件の検索をかけていました」。多いときは一日10時間近くネット検索をしていたというご主人。奥さんの実家が小岩にあったため、エリアはその近辺で検討していました。そんなYさんが初めて、実際に見に行った物件は中古マンションでした。

新築のほうが、値段の相談がしやすいと聞いて。新築も考え始めました。

3011_ph3
専用庭付き

「新築にこだわっていたわけではなくて、中古をリフォームするのもいいかなと思っていました。でも、立地や広さのわりに値段が高かったんです。中古だからといって安いわけじゃないし、耐震性も気になると思いましたね」。また、会社の同僚から、この時期、新築マンションは値段の相談がしやすいと聞いたご主人。「確かに、中古は売主の言い値があるので、金額の相談が難しい印象でした。それなら新築も良いかもしれないと思って検索し始めたんです」。そんなときに見つけたのが、葛飾区内に新しくできたマンション。価格改定をした値段設定と間取りが気になって、さっそくモデルルームの見学に行きました。

横長のリビングダイニングと、1階の部屋。希望にぴったりでした。

リビングダイニングが横長の間取りであること。そして、1階の専用庭付き。それが、Yさんがこだわる条件で、それをクリアした物件がこのマンションでした。「横に広いリビングと、専用庭に続いている部屋に憧れていたんです。解放感があって、気持ちいいと思いましたね」。1階の部屋は音を気にしなくていいから、というのが理由でした。「子どもがいることもですが、ホームシアターで映画を見るのが好きなんです。せっかく自分の家を持ったのに、他の家に対して音を気にしながら暮らすのは嫌ですよね」と奥さん。希望していた間取りと、広い庭をすっかりと気に入ったYさん。2度目のモデルルーム見学で購入を決めました。「自分たちの次の見学者がすぐ後ろにいて、即決しそうだったので、慌てて『買います!』って言いましたね(笑)。金額と内容を考えて、これ以上のものはないと思ったんです」。

内装やインテリアは工夫次第でどうにでもなるから。間取りはとにかくこだわって。

白い壁と、濃い茶のインテリアがすっきりと調和したYさん宅のインテリア。横長のLDKの隣には、カーペットを敷いた部屋が続いています。「本当は和室なんです。和室は要らなかったけど、洋室に変更するのは大変だったので。畳全面がぴったりと覆い隠せるサイズのカーペットをインターネットで注文しました」。ほかにも、部屋の一部と廊下部分の壁は、濃い茶色のクロスに変更。自ら低価格でやってくれる業者を探して発注しました。「オプションもあったんですが高額だったので自分で探しました。プチリフォームは、住んでからでもやろうと思えばできるんです。でも、間取りや窓の位置などを変えることは難しいですよね。変更が効かない大枠だけは、こだわって探したほうがいいと思いますね」。

エリアと相場に関して。自分なりの感覚を持ったほうがいいかもしれません。

購入の手続きへと進んだYさん。ご主人は、ローン審査に関しても、インターネットで念入りに調べたといいます。無事に審査が降り、希望のマンションを購入することができました。「いろいろ調べて分かったことなんですが、いわゆるエリアの価格相場みたいなものは、あくまでも参考程度だと思ったんです。例えば、同じエリアでも、デベロッパーの規模や築年数によって金額は大幅に違いますよね。ネットで調べるなりモデルルームに行くなりして、希望エリアに対して自分なりの相場感覚を持つことが大事だと思いましたね」

3011_ph1
リビング

譲れる条件と、譲れない条件を明確にすること。それが良い物件との出会いですね。

こだわりの条件をクリアして、さらに想定内の値段で購入したというマンション。ご夫婦ともに大満足ですが、多少譲ったところもあるのだとか。「東向きなので、午後になると日が入りづらいんです。でも、窓が大きいことと広い庭があることで、仕方ないと思えましたね」。また、駅までの距離も同じこと。「15分ちょっとなんですが、毎日歩いています。慣れてしまえばなんてことないですね」とご主人。逆に、駅が近い1階の物件は賑やか過ぎるという欠点が出てくるかもしれません。「どうしても譲れない条件と、ある程度は譲ってもいい条件。それを明確にして探すのがいいと思います」。

編集後記

リビングダイニングをぐるりと見渡せるキッチンで料理をするのが楽しいという奥さんと、ゆったりとしたリビングで息子さんと遊ぶのが至福の時間というご主人。自分たちの住みたい家と、その暮らしをしっかりとイメージして、納得がいくまで探しただけあって、大満足の様子です。広々として開放的な庭が、家族の成長を大きな懐で見守ってくれているようでした。
取材日:2010年3月17日 文:結城歩

<<前へ | 一覧へ戻る | 次へ>>

関連記事

マンションの1階の部屋、メリットとデメリットを考える
マンション購入、情報収集マニュアル
新築マンション購入時に注意すべき「築5年」の境界線とは?変化する3つの要因
完成前に購入を決める新築マンションの場合、「外観」の確かめ方は?
家賃抑え目でもインテリア次第で豪華に!新婚生活にぴったりな間取りとインテリア