今、気になることをCHECK!

2
モデルルーム見学

予約する
服装と持ち物は?
見学ルートを確認
周辺環境をチェック
商談について
伝えたいこと


モデルルーム見学予約できるマンションを探す

「資料」の入手方法 あれこれ

top_ph1
資料請求

資料請求をしてもらう資料と、モデルルームを訪れてもらう資料では違いがあります。資料請求では多くの方に渡すため、コンセプトを伝える小冊子と代表的な間取りプランが掲載されている簡易版の間取り集がセットになって送られることが通例です。
それに対して、モデルルームを訪れてもらう資料は製本がされた分厚いリーフレットや、図面集、全タイプが網羅された間取り図集、価格情報などのパンフレット一式です。また、受付などに置いてある「Take Free」の学習ツールにも注目です。これらはローンについての基本情報をはじめ、耐震構造に関する事項などマンション購入の基本となる情報が分かりやすく説明されているものです。マンションによって違いはありますが、このような資料が手に入ることもモデルルーム見学の1つのメリットといって良いでしょう。

モデルルームには大きく分けて2パターンあります。

1つは建物が竣工する前のモデルルーム、もう1つは建物が竣工した後に実際の部屋を使ってモデルルームにしている「棟内モデルルーム」と呼ばれるものです。まずは、訪れようとしているモデルルームがどちらのタイプなのかを確認しましょう。

関連記事

マンションのモデルルーム見学の際に気を付けたいポイントとは?
【新築分譲マンション連載②】モデルルーム見学のチェックポイントは?
あなたはどっち?「低層マンションVS.高層マンション」徹底比較!
完成前に購入を決める新築マンションの場合、「外観」の確かめ方は?
マンションの1階の部屋、メリットとデメリットを考える