main
一戸建てとマンションの違い

住宅情報誌などで、「一戸建てvsマンション」などのタイトルで特集が組まれているのをよく見かけます。

あなたは、どちらを選びますか?・・・それを決める前に、まず、それぞれの特徴を見ていきましょう。

「一戸建て」の魅力は、なんといっても「自由度が高い」ということでしょう。自分の土地&建物ですから、基本的に自由にリフォームなどをすることができます。また、階下や隣の住人に音を気遣うこともほとんど意識する必要がありませんので「プライバシーが高い」と言えるでしょう。

一方、「マンション」の魅力は、一戸建てに比較して価格が安く、その分好立地の物件や機能・設備の充実した物件を選べるなど利便性が高い点が挙げられます。

経済面で見た場合、同条件であれば、一戸建てはマンションと比べると購入価格が高いということが挙げられます。一方マンションは、購入価格は抑えられますが、一戸建てに比べ購入後の月々の支出が定期的に発生する点が挙げられます。

マンションにおける具体的な定期的支出項目は、管理費・駐車場代・修繕積立金などです。月々1万円~4万円といった管理費(10年で120万円~480万円)がかかります。また、一戸建の場合、駐車場を備えていれば、駐車場代はかかりませんが、マンションでは、共有となるため月々5,000円~15,000円程度の使用料がかかります。さらに、修繕積立金も管理組合の決定により、月々1万円~2万円程度の積立てを求められます。

したがって、マンションを購入する場合は、ローン返済額の他にもマンション特有の支出額が月々加わることもあらかじめ想定しておくと安心です。

その他の特徴も併せて、下図にまとめてみました。見ていただいてわかる通り、「一戸建て」と「マンション」のメリット・デメリットは表裏一体となっています。どちらが優れているかを問うよりも「ご自身のライフスタイルにどちらがより適しているか?」で選んでいただくのが一番です。

また、家族構成や仕事の関係で、最適な住まいの形態は変化するものです。固定的な住まいではなくて、将来の住み替えを念頭において物件を選ぶという視点も、あわせて持っておくと選択肢が増えるでしょう。

pic
一戸建てとマンションの比較

<< 前のコラム:住宅性能表示制度
>> 次のコラム:相続時精算課税制度

関連記事

マンションと一戸建て、どっちを選ぶか
資産価値はどちらが高い?マンションと土地付き一戸建てを徹底比較
立地、セキュリティ、住み心地……「マンション」or「戸建て」それぞれのメリット&デメリット
税金は、建物に多くかかる?マンションVS一戸建て。買うならどっち!?
マンション、注文、戸建て、後悔している人が最も多いのは?【住まいの購入失敗談5】